5年の歳月、経年美化は成長中。

2011年の2月に竣工した「くの字の平屋」。
奇しくも、引渡から1ヶ月後にあの未曾有の大震災。
幸いにして大きな被害はなく、難を逃れました。
あれから5年...
経年美化によって「寂びる」という言葉がよく似合う建築へと成長しております。

この度ご縁があり、来春に出版される書籍に掲載して頂けることになりました。
これまでも“工務店”としては多く取材を承って参りましたが、今回は初めて「飯田亮建築設計室」として、設計事務所としての依頼。
10年目のご褒美として、建築家へと成長するための大きな一歩となることでしょう。
これを機会に、自身で改めて撮影に挑んで参りました。
その成果をご覧頂ければなと思います。



d0122640_18294912.jpg

d0122640_18291490.jpg

d0122640_18305676.jpg

d0122640_18285768.jpg
d0122640_18284573.jpg

d0122640_18381516.jpg

d0122640_18385667.jpg
d0122640_18454718.jpg

d0122640_18283799.jpg


写真はあえてアンダー目に。
写真の腕も上がりましたでしょうか...

以前にも記事に致しましたが、時の経過にデザインは無力であると、やはり痛感するのです。
角が取れ、土着的に馴染み、無垢は深みを増す。
すべては時の力なのですね。

ちなみに竣工時のお写真はこちら...
d0122640_18363031.jpg

d0122640_18371823.jpg
時の経過は残酷です...多域で(笑)



5年という歳月を経て、本当に素敵な、当時の想定以上に成長しております。
そこにはもちろん、住まい手さんの「愛」が注ぎ込まれていることも大きく起因していることは言うまでもありません。
丁寧な暮らしぶりに、大きく感謝です。

取材は楽しい雰囲気で進められ、きっと素敵な誌面にしてくれるでしょう...編集者さんが!!笑
d0122640_18460448.jpg

d0122640_18463085.jpg

当日は住まい手さん自ら、ご趣味である蕎麦打ちを披露。
終始笑顔で、和やかにしてくれる空間、丁寧な暮らしぶりをお伝えできる本に仕上がることを期待しております。



新作の5年後、そして僕の5年後やいかに!!

暮らしの見学会のお知らせ

「斜45°の家」
日時 11/26(土)・27(日)・30(水)
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)

「がむ斜ら扇垂木」
整然とした分譲地に逆らうように、建物の配置を敷地に対し45°振った「斜45°の家」。
その事で四角の土地には4箇所のスペースが生まれ、それぞれに趣の違う作庭を誂えました。
正面の揃った住宅街には大きな変化が表れ、足並みを揃える無意味さを知ります。
アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながらも内包される2Fリビング。
その天井は住宅にはほとんど用いられることのない技法である「扇垂木」を採用。
木組みのダイナミズムが圧巻となりますが、決して空間性を犠牲にすることなく、必然的な存在として空間を嫌味なく構成してくれています。
COMODOデザインと、確かな大工技術をご堪能くださいませ。


【今回のイベントのポイント】
 - 整列されすぎた住宅街に逆らうかのように、斜に構える配置
 - 扇垂木という社寺建築で用いられる技法を住宅に導入
 - アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながら内包的な2Fリビング



d0122640_23311120.jpg


お時間ございましたら。




住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net




by lives-web | 2016-11-18 18:53 | くの字の平屋 | Comments(2)
Commented by ame-no-michi at 2016-11-19 09:28
だいぶ良い雰囲気になりましたね。
庭っていいですね。
Commented by lives-web at 2016-11-19 11:08
徐々に成熟していく様がなんとも逞しく感じます。
作庭と共に住まいがあることを、もっと広まって欲しいと切に願うこの頃...
<< ガレージのある家 VOL.37 暮らしの見学会 *がむ斜ら扇垂木* >>