ミーティングの意味と重要性と納まりだけでない図面の真意

会議は面倒だとかミーティングがもはや仕事になってるとか、よく聞く台詞。
だがしかし、目的意識を持ったミーティングは強い!!
現場の進捗であったり、各プロジェクトの進捗状況であったり、問題定義であったり、僕への小言だったり?といった内容でCOMODOもミーティング的なことを行っています。
しかしそれは会議ではなくミーティングでもなく、あくまでホームルーム。
名前が違うだけでも威圧的でなくなるのだから不思議。

そして今日は来週から着工する「フレンチバルGOE」のホームルーム。
実は初めての試み。
いままではほぼ事後報告であって一方通行な報告だけだったのですが、今回のプロジェクトから所員全員で参加することに。
そうすることで目的意識がはっきりしますし、情報の共有が出来る。
設計においてはもちろん意見の出し合いでブラッシュアップされていく。
たまに意見が合わず微妙な空気になったりもしますが(笑)、それは皆真剣である証拠として捉えましょう!!
d0122640_17054859.jpg
16坪と決して広くはない飲食店ではあるものの、おおよそ70枚程度の図面となりそう
図面精度や施工性、納まりの検討など多岐にわたる
それらを見積と工程表とで照らし合わせていくのがこのホームルーム


同時に色の検討もしてしまいます。
住宅と違い店舗は基本短納期。
リアルタイムに対応するのでは間に合わないこともしばしば。
ほぼ完璧なまでに設計意図を図面に落とし込めることが理想なわけで、その精度も求められます。
現場の仕上がり次第で決められるところが少ないですし、色によってデザインの方向性はだいぶ変わる。
それらの筋を通す意味でもあらかたの方向性は図面で示さねばなるまいと思います。

何十色と検討をし、最終選考で三色が残りまして、だれが当選することやら...
d0122640_17055705.jpg
青と石
真鍮は看板のイメージ
ファサードの石だけでなく、目に入る情報で決定していく
感覚としては一人当たりの客単価がターゲット層よりも¥3,000/人上がる
いいのだけれど今作ではちょっと格好良すぎ
d0122640_17060687.jpg
赤茶と石
うちの建築っぽい(笑)
互い(クライアント×COMODO)のらしさを双方で尊重したい
d0122640_17061399.jpg
灰綠と石
これもうちっぽいがちょっとぼんやり?
周辺環境との馴染みとして調和がとれるか
d0122640_17035496.jpg
かわいいガラスブロックが到着
材料は一気に仕入れていつ何時でも対応できるようにスタンバイ

今作ではレストランでしたから、それこそ連携を求められるわけで、意思の疎通が図れたのではないかなと思います。
それが今度は住宅ではいかがかと疑問に思うのは自然の摂理。
次回は住宅でもこのホームルームを行ってみようと思います。
所員達もテンション上がるみたいですから、どんな発見・発想があるか楽しみです。

週末はまたまたありがたくご新規様ご面談。
どんな出会いがあるか、こちらもまた楽しみです♪





住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp





by lives-web | 2017-09-16 18:46 | フレンチバル GOE | Comments(0)
<< 大工工事まもなく完了!! 行列の出来る設計事務所・工務店... >>