カテゴリ:栃木市 I家の住処( 42 )

2F洗面所

d0122640_2134321.jpg

既製品は洗面ボールのみ。
空間の調和を住まい全体で考えた場合、既製品では調和しずらい。
これは何度も言ってることだけれども、、、(苦笑)

サッシと照明器具と木枠と壁と天井と天板の寸法のバランスの賜。
正直図面で表現するのは結構面倒な作業です(笑)
もちろんタオル掛けの位置も図面に表記し、ヒューマンスケールで確認します。

毎日必ず使うところだからこそ手は抜けませんよね。

ちなみに奥はトイレ。
これだけのスペースの洗面所が上下階であれば朝のラッシュ時も緩和されますね。
by lives-web | 2008-09-30 19:15 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

空へ向けて!

d0122640_18441974.jpg

光の入らない空間を作ってはいけない。
たとえ2階のような、個室郡のある中廊下であろうとも。

そこでこのトップライト。
明かりが通常の横からと違い、上からというのはどこか非現実的のように思います。
とくに天井が一般よりもグッと低いので、どこかパッと抜ける感じも良い。

バーで開閉も可能なので、風が階段を伝って上に抜けていくのを期待した。
案の定、工事中の日中は空けていたそうです。
家の中の空気は留まらせずに、流すのが一番!






窓の配置(大きければいいって物ではない)や間取りがうまくなく、流れないから機械設備に頼って体に害を及ぼす。
菌も繁殖する一方だし、有害物質(ホルムアルデヒド等)も溜まる一方。。。


「お上」は環境だぁエコだぁ200年だぁ保証だぁと並び立てていますが、、、
もっと住宅は抜本的な基礎を学び直していただきたい!
by lives-web | 2008-09-16 18:55 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

台所?お勝手?


d0122640_21322554.jpg

台所とお勝手の違いを教えてください、、、(笑)
地方的な物もあるのでしょうか。

今回は独立とした台所。
その家庭の生活スタイルに合わせることが設計には大切。
流行りや見た目のかっこよさで選択する物ではないでしょう。

キッチン本体はお施主様の要望で既製品を選択。
掃除のしやすさという点は主婦にとっては絶対に外せないのでしょう。
床もコルクで配慮。

ただどうしても空間に馴染ませることは出来ないのだろう。
既製品は守りが堅いというか遊び心が・・・。
メーカーにもっと攻めていって欲しいと思うのだけれど、、、。
by lives-web | 2008-09-12 21:30 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

茶の間から外を眺める

d0122640_1815435.jpg

d0122640_18155442.jpg

今月はずっとアトリエでの作業になりますので、現場のネタはありません。。。


昨日に引き続き表情の違いを、、、。
こちらは食堂からの眺め。

今回の床材は床暖房が入ってますので、ナラにしました。
空間的にも「上品な落ち着き」を狙っていたので、良い選択だったのではないかと。
ただ、玄関と茶の間と食堂の約20畳弱なのにそれだけで一週間、、、。
壁との取り合いもあるので一概に言えませんが、手間が掛かるのは間違いなし。
それを張る大工さんのでため息が外まで聞こえていたそうだ(笑)

階段の「視線の抜け」もポイントとなる。
ここが開いているか開いていないかで印象はガラッと変わるのだろう。
ただし開ける場合と開けない場合もある。
ケースバイケースで空間を読み込むことが大切になるのです。
その判断は経験と感性に委ねるしかないのだろう、、、。
by lives-web | 2008-09-08 18:24 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

茶の間.1

d0122640_15544251.jpg
d0122640_15561030.jpg

上下で表情が変わりますでしょ?
お家芸の障子風襖?(ネーミング考えよう、、、)で、雰囲気が変わります。
私的にはこれを全面に「売り」にしているわけではないのですが、なぜか一番好評(笑)

ちなみに手前は宴会場として。
奥は茶の間。
右手は食堂になります。
各々の居場所をいろいろなケースでいろいろな区切り方が出来ます。

障子だけで区切ってもただの仕切りとしかならない。
床のレベルで遊ぶと単調になりがちな広い空間がグッと引き締まると思います。

正面はテレビ台。
壁を一面で通すためにちょっとオフセットしてあります。
そうすることで「置き家具」ではなく「建築家具」に変わるのです。
そこに気付いて設計できるかどうか、、、。
でも時には置き家具で演出することもあるので、、、設計は面白く深い、、、そして泥沼(笑)
by lives-web | 2008-09-07 16:03 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

和室

d0122640_17154186.jpg

8畳なのにスゴイ広く見える、、、(笑)

私としては典型的な和室を好みません。
用途がすごく限られてしまうんですよね。
結局「死に部屋」となるのが嫌なんです。

腰には突き板を張り、寄りかかっても壁を傷めない。
天井も同様に突き板。
やっぱり障子はその光の透過率や佇まいが美しいです。
by lives-web | 2008-09-06 17:30 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

玄関

d0122640_18562561.jpg

d0122640_18564021.jpg


雑誌等で発表するときに悩むイメージ。
玄関ドアが開いてるのか閉じているのかで表情代わりますでしょ?
明るくいくか、トーン抑えてしっとり行くか。
作り手のイメージとしてどちらをアピールしたいかですからね。

ここの住まい手は子育て世代を過ぎ、どちらかというとお客様を迎える方が多いそう。
ですのでこの玄関は「お招き」に振りました。
立派すぎず、適度な緊張感を与えられたと思います。
by lives-web | 2008-09-05 19:01 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

解説 ~外観~

d0122640_16225976.jpg

外部は当然標準仕様。

外壁:そとん壁(高千穂)
屋根:ガルバリウム鋼板
雨樋:スタンダード(タニタ・ハウジングウェア)
破風:米杉

色は私の基準色から、周囲や住まい手の好みにより反映されます。
平面図(間取り)は外部の姿形によって決まると言っても過言ではないくらい重要。
外観のプロポーションがとれていない住宅はまるで×。
そして高さは低く低く・・・。

全体を引き締める意味でも雨戸の鏡板やデッキの木部は大切。
闇雲に木部を配置したのでは「木々しい」感じになり好みではありません。
私のデザインセンスがその配置の「バランス感覚」に反映されるわけです。

それとエアコンの配管は少々割高だが必ず「隠蔽配管」。
換気扇等の吹き出し口(ベンドキャップ)も極力高さと位置を揃えるのも鉄則。
当然、サッシも揃えられるだけ揃える。
この気の使い方が外部に対する「礼儀」と言えるかもしれない。



外観は町の景色の一部になる新参者であることを忘れず。
住宅として町に貢献出来ることは率先してすべきと思う。
だから植栽を施したいワケなのだが、、、。



※9/3×4は勉強会のため不在となります。
by lives-web | 2008-09-02 16:41 | 栃木市 I家の住処 | Comments(2)

写真撮影

d0122640_11274786.jpg

昨日は竣工写真の撮影。
雨が降られる前に外観の写真が撮れてよかった。。。

建築の写真は薄曇りの方が光の拡散上いいようです。
特に私の場合は「華やかさ」がないので、、、(笑)
by lives-web | 2008-08-29 11:29 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)

チラ見せ

d0122640_1855222.jpg

先日のオープンハウスにお越し頂きまして誠にありがとうございました。
約20組もの方々にご覧頂きました。
建築家のオープンハウスは同業者や仲間内での見学が半数だという。
うちも例外ではなかったようです、、、(笑)
でも私の何かを感じ取っていただければ、今後の仕事の円滑化に役立つと思う。
逆も然りかもしれませんが・・・。



真岡の家よりも大人っぽい仕上がり。
今度はその中間にも挑戦してみたいと思う。

それは私の気分ではなく、やはりそこの住まい手にあわせて調整する。
今回もそれが嵌ったのではないか?と、自画自賛。。。
子供もある程度手が離れ、「大人の付き合い」が多いそう。
「パーティー」というよりも「宴会」というニュアンス(笑)



※詳細は後日HPにてUPさせていただきます。
by lives-web | 2008-08-26 18:17 | 栃木市 I家の住処 | Comments(0)