カテゴリ:掲載誌( 20 )

建築知識ビルダーズNo.27 (エクスナレッジムック)

先日受賞させて頂いた「日本エコハウス大賞」の模様が掲載されております。
講評をいただいたのですが、とても身に余るお言葉...益々精進せねばと、背筋が伸びる思いです。

今回の受賞をきっかけとして、「当たり前にエコハウス」を心情に、自分なりの解を模索中です。
もちろん実作においても反映できればと思います。



d0122640_23060407.jpg

見学会は明日まで!!
d0122640_23232834.jpg
d0122640_23225858.jpg
d0122640_23311120.jpg





お問い合わせ
住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net


by lives-web | 2016-11-30 17:05 | 掲載誌 | Comments(0)

ガレージのある家 VOL.37

竣工から約一年。
INDYHOUSEが「ガレージのある家 VOL.37」に掲載して頂きました。


d0122640_16164228.jpg
ガレージのある家 VOL.37
d0122640_16282045.jpg

すっかりガレージらしくなっており、週末はそれこそ“ガレージライフ”を楽しんでいる模様。
車と建築なんぞ、贅の極み!!
羨ましすぎる日常でした...笑



暮らしの見学会のお知らせ

「斜45°の家」
日時 11/26(土)・27(日)・30(水)
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)

「がむ斜ら扇垂木」
整然とした分譲地に逆らうように、建物の配置を敷地に対し45°振った「斜45°の家」。
その事で四角の土地には4箇所のスペースが生まれ、それぞれに趣の違う作庭を誂えました。
正面の揃った住宅街には大きな変化が表れ、足並みを揃える無意味さを知ります。
アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながらも内包される2Fリビング。
その天井は住宅にはほとんど用いられることのない技法である「扇垂木」を採用。
木組みのダイナミズムが圧巻となりますが、決して空間性を犠牲にすることなく、必然的な存在として空間を嫌味なく構成してくれています。
COMODOデザインと、確かな大工技術をご堪能くださいませ。


【今回のイベントのポイント】
 - 整列されすぎた住宅街に逆らうかのように、斜に構える配置
 - 扇垂木という社寺建築で用いられる技法を住宅に導入
 - アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながら内包的な2Fリビング



d0122640_23311120.jpg


お時間ございましたら。
なお、混雑が予想されます。
じっくりお話しを伺いたい方は“ご予約”をお勧め致します。
気をつけてお越しくださいませ!!



住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net



by lives-web | 2016-11-23 16:30 | 掲載誌 | Comments(0)

建築知識ビルダーズ

ちょこちょこ、あちこちで掲載して頂いているのですが、なんだか“ドヤッ”って気がして...苦笑

久々に掲載誌のご紹介です。
建築知識ビルダーズ No.16
d0122640_15325935.jpg


今号は建築家の伊礼さんが特任編集長となり、設計者育成の「住宅デザイン学校」特集です。
僕はこの学校の初期の卒業生であり、いまでは打ち上げ要因として責務しております(笑)
そんな卒業生の活躍ぶりを取材した特集記事に掲載して頂きました。
なんと8ページも。
いままで取材して頂いた中で一番大きく取り上げて頂きました。
身に余る光栄でございます!!

掲載作品は「ひとつ屋根の家」となります。
d0122640_19133027.jpg


いままではこういった業界専門誌系に多く取材して頂いてきましたが、いよいよ初めて一般ユーザー向けのオファーが舞い込んできました。
しかも雑誌ではなく書籍として出版されるそう。
来年の話ではありますが、大変嬉しい機会をいただけそうです!!

なんだかだんだんと“ドヤッ”と言った感じになってきてしまいましたが...苦笑



栃木県のような地方において、ましてや一般住宅が全国誌に取材されるケースは稀なよう。
都市型住宅がやはり見栄えするのでしょうが、総合的にみれば地方の棟数の方が多いのは明白。
なのに掲載における絶対数は少なく、作品に触れる機会はほぼないのが現状と言えるでしょう。

「もっと地方にデザインを!!」

これが目下自身における目標であり使命であると思います。
メディアの方々においては、もうちょっとだけ地方に目を向けて頂けるとありがたいと思う反面、やはり僕らの努力が足りないのでしょう。
もっとアピールしてもいいのではと思う建築もありますから、まずは知ってもらわないことには...。
都市には都市なりの、地方には地方なりの、建築の振り幅は面白いはず。
地域問わず、デザインをもっと広範囲な認識であって欲しいなと願うばかりです。

だがしかし、決して雑誌に掲載して貰うための住宅ではありませんし、ましてや建築家個人の作品では決してなく、誰のための建築か、住まい手と描き手のタイミングによってそこに建築が生まれ、たまたまそれがメディアの取材対象になる。
それだけは忘れぬよう備忘録と致します(笑)



それでは、全国の書店でも売っておりますから、お時間ございましたら是非一度ご覧くださいませ。
その他の記事ももちろん楽しめます。







暮らしの見学会のお知らせです。

「machiya」と題された今作のコンセプトは、まさしく“町屋”となります。
前面道路の大きな通りからは水平ラインを強調し低くどっしりと構え、手前には店舗(整体治療院)を配し、ゾーニング(部屋の区割)の明確化から、その奥には家族の間としての居住空間を備えた店舗併用住宅となります。
診療所の患者さんと家族のプライベートを明確化するためにリビングは2階に配しました。化粧表しとした大屋根に内包されながら、家族の司令塔としての位置づけであるアイランドキッチンを中心に、気兼ねなくゴロゴロ出来るようリビングでありながら床は畳仕上げ。更には外を内に緩やかに取り込む装置としてインナーバルコニーも備えます。
 150坪を超える広大な敷地に対する作庭はいつもの「家+庭=家庭」をコンセプト。大きな大きなヤマボウシを誂え、まるで「キャンプサイト」のようなお庭に仕上げました。そこには弊社の建築コンセプトに則った小屋である「COMODO hutch」が併設され、あたかもひとつの村であるかのよう、敷地内だけでコミュニティを形成しています。玄関前の屋根から突き出た樹形の美しいアオダモや、近景と遠景を意識して配された植栽は一見の価値ありです。



【今回のイベントのポイント】
 - 化粧表しの大屋根に内包されながら畳でゴロゴロ出来るリビング
 - まるでひとつの村であるような一分の隙も与えない豊かな作庭
 - 外を内に緩やかに取り込む装置としてのインナーバルコニー

ブログ記事

※現場は鋭意追い込み中のため、随時更新いたします。
d0122640_21584442.jpg
d0122640_21585812.jpg




「machiya」
暮らしの見学会
日時 9/3(土)~4(日)
   10:00~17:00
場所 栃木県矢板市

※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)
 seeders(見学会盛り付け)

d0122640_19321930.jpg



住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-08-29 19:32 | 掲載誌 | Comments(0)

センスを磨く!住宅デザインのルール6 外観・外構デザイン

「センスを磨く!住宅デザインのルール6 外観・外構デザイン」
d0122640_17403213.jpg


くの字の平屋
VermeerRay
田園の家
L縁側の家

上記4件が掲載されております。
もしよろしければご覧くださいませ♪

でもこのムック本、プロ向け。
取材依頼・作品提供の機会はうれしいのですが、なかなか“実益”には結びつきません。。。
でも“タダ”で全国に展開されるのですから、贅沢は言えません!!
だがしかし、会社名が「住空間工房」という致命的ミスに・・・2社が合体してしまったようです(笑)
毎度ご紹介いただき、ありがとうございます♪


飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → master@lives-web.com
by lives-web | 2015-04-05 20:40 | 掲載誌 | Comments(0)

住宅デザインのルール

エクスナレッジさんから送られてきた。

ん?
なんだっけ?

と思いつつ封を開けるが、やはり記憶にない誌面。
d0122640_15442540.jpg

パラパラめくるとそこには...そうだ!
建築知識の誌面の使用承諾が来ていたのがこれだったのか。

完全使い回し(笑)のため、前回の「CoMoCo建築工房」は継続されています。。。

全国の書店でお買い求めいただけます。
これはおそらくプロ向けではないと思うのですが...?





住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-07-05 15:49 | 掲載誌 | Comments(0)

タノシムクラシ vol.8

d0122640_19322790.jpg

こちらにも掲載していただきました。

だがしかし...
d0122640_19323114.jpg

まるで仕事と関係ございませんw笑


趣味もとことんやってると良いことがあるものです。







住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-02 19:38 | 掲載誌 | Comments(0)

建築知識ビルダーズNo.17

またお話しを頂き掲載して頂きました。
d0122640_9253263.jpg

今回は照明や収納の在り方を掲載。

「達人」であるかどうかはさておき...

またひとつ生きた証を残しました(笑





住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-05-30 09:35 | 掲載誌 | Comments(0)

Cares(ケアーズ)-2013年 冬号 vol.30

d0122640_1937114.jpg

弊社を紹介して頂きました。

雑誌の形態上、身内からの「観たよ報告」が多いけれど(笑

ケアーズ最新号 2013年 冬号 vol.30

地味な広報活動が続きますが、「いつか...」の住まい手さんに対し、少しでも多く発信していきたいと思います。

てかね、なぜかカルマンギアが多い!
世の中こんなに乗ってる人が居るんだね...居ませんよw








CoMoDo建築工房のHP
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2013-12-24 19:42 | 掲載誌 | Comments(0)

CouLeur(クルール)特別号vol.10

10/15に発行されました。

幼稚園等に配られるのは金曜日なのかしら?

d0122640_115094.jpg


仕上がり確認のために冊子をめくってもめくっても...いつまでも弊社の記事がない!!
と思ったら裏表紙の裏という“おおとり”でした。

「裏表紙の裏」という位置はプロモーション的にどうなのでしょうか?
ある意味目立つような?
途中で読むのをやめてしまった人には目にとまらないし。

でも記事としては今回も良い出来だと自負。

掲載ありがとうございました♪






□イベントのご案内

BonMarche - 100人展

     日時 - 2013年10月27日(日) 10:30~17:00
     場所 - 道の駅うつのみや ろまんちっく村
d0122640_18145341.jpg

雑貨やアクセサリーの販売が主ですが、住宅作家としてひっそりとブースを構えてます(笑
お時間ございましたら♪



(株)CoMoDo建築工房のHP
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2013-10-17 11:55 | 掲載誌 | Comments(0)

GarageLife vol.57

d0122640_1936593.jpg

今月は先日の建築知識ビルダーズに続いて、本屋さんには二冊並んでいます。

今回も「citta di garage」ですが、取材して頂き記事となって掲載されています。
うちのカルマンとダッツンも登場してます(笑)
職権乱用か?w

早速問い合わせを頂いております♪
早く埋まるといいのですが...汗

石原さん@
今回もありがとうございました。
またよろしくお願いいたします♪






(株)CoMoDo建築工房のHP - 新規open
住空間設計LIVESのHP - リニューアルopen
by lives-web | 2013-09-02 19:40 | 掲載誌 | Comments(0)