カテゴリ:日光市 K家の住処( 27 )

受賞パネル&賞状

d0122640_1528405.jpg

去年受賞した「TOTO リモデルコンテスト」の受賞パネルと賞状を担当者がわざわざ届けに来てくれました。

いくつになっても賞状をいただくのは嬉しい(笑)

今年もいくつか出品させていただこうと思います。


※K様
 後ほど持参いたしますネ♪
by lives-web | 2010-03-01 15:31 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

外観

d0122640_2164747.jpg

施工前の写真。
現調(現場調査)に伺ったときの写真ですね。
日付を調べてたらなんと二月。
あれから1年以上経っているのだ。
今思うと本当に懐かしい・・・。

それにしても着工まで時間が掛かる。
リフォームの場合は余計掛かるのです。
打ち合わせや現場に何度足を運んだことか・・・実に遠かった記憶が蘇る(笑)

d0122640_2151535.jpg

さて、生まれ変わった外観。
奥の道は「旧:日光街道」であり、名物「日光杉並木」が立ち並ぶ景観。
そんな歴史ある景観へ、いかに邪魔しないかを着目。
ほどよく目を惹くのがまたいいのかもしれない。
by lives-web | 2009-05-15 21:14 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

HP更新

d0122640_21291493.jpg

先日竣工した「K家の住み処」。

HP先行にて作品を公開しました。
よろしければ見てください♪

補足説明は随時更新していく予定です。
施工前の写真参照だと、変化が分かりやすいでしょうね。
by lives-web | 2009-04-30 21:31 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

作品紹介:廊下

「作品紹介」シリーズで公開します。
d0122640_17483877.jpg

初めに訪れたとき、一番に気に掛かった場所でした。
聞けば「お父様の拘り」だったそうです。
ちなみに既存はこんな感じ。
d0122640_17502312.jpg

リフォームの力(笑)

直感的なイメージは極力崩したくないな、と思ったんですよね。
日本の廊下の趣と申しましょうか。

この家を生家とし、嫁がれた娘さんの感想。
「新しくなってるはずなのに、何故か分からないけど懐かしいわ♪」と。
そこが設計の意図になっており、一番の褒め言葉のように思います。
結局この廊下がまたこの住まいの「象徴」的存在になりそう。



「想い出は極力残す」、現代のリフォームにはこれが欠如しているように感じます。
by lives-web | 2009-04-20 18:02 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

写真撮影

d0122640_081996.jpg

今日は完成したK家を、プロのカメラマンさんに依頼し撮影を行ってきました。
機会をみてオープンハウスが出来ればなと思っているんですけど、、、。

いやぁさすがはプロ!
設計の意図が伝わるような表現が出来ていると思います。
やはり「餅は餅屋」ですね(笑)

今度行うセミナーで初披露した後に、徐々にこちらでも公開していきたいと思います。

その原稿書きなんですが、日常業務を行いながらの作業なのでなかなか進まず、
終われるのかどうかも不安になってきました、、、(汗)

でも聴衆の方にはきっと楽しみにしていただけているでしょうから、期待を裏切らないような
コンテンツに仕上げていきますからね♪
by lives-web | 2009-04-17 00:09 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

K様×S様の対談

d0122640_18201820.jpg

昨日は来月から始まる結城のS様を日光市のK様邸へご案内。



出来上がった作品を見て実感していただくことはとても大切。
それよりも感じたのは「お客様同士の繋がり」のコミュニティがあればもっと楽しいのでは?
ということ。

私としては現場見学会を開催しても、自ら率先して説明することはほとんどない。
説明を受けるよりも、見て感じていただくことが大切だと思うから。
それで疑問に思ったことを質問していただく方が見学者側としても気が楽でしょうしね。
単に面倒臭がってるわけではないんですよ、、、(笑)

住まい手さんがいらっしゃる場合は尚更で、逆に住まい手さんに説明していただいている。
その方が受け手(住まい手)側としての意見が含まれ、よりリアルな感想になれるように
思うのだ。
住まい手さんは説明と言うよりも“我が家自慢”的な要素になるのだけれど(笑)
でも結果的に、お見えになった方としてはリアルに写るのだそうだ。
しかも住まい手さんは上手にプレゼンが出来ている!?
私の一句一句を覚えてくれているのが嬉しかった。

そんな会話をしているうちに双方は心を開き合い、仲良くなる。
幸いなことに「LIVESの住まい手」としての共通項をキッカケに出会っている。
そんな偶然の出会い?を生かさない手はなく、コミュニティの場をコチラから提供することで、
価値観を共有できるのではないか。
これだけ指向性の強い建築に惹かれた者同士、合わないわけがないのだし、、、(笑)

BBQなんかを開いたりして、そこに住まい手さんと住まいづくりに携わった職人さんも
交えることで、昔話に花を添えたり、住み心地の報告を受けたり、不具合を報告したり・・・?
とにかく楽しそうなことは何でもする!
今年のイベントとしてまずは開催してみようと思う。
逆に“住まい手予備軍”を招待して、「住まい手の声」を参考にしていただくのもありかもしれない。
開催の折には告知いたしますので、よろしければご参加くださいませ♪
by lives-web | 2009-03-30 19:03 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

今日は梅

d0122640_2135568.jpg

昨日に続き今日は「梅」。
K家の目の前に広がる梅林(現在は国有地)。
満開の日をいつかいつかと待ちわびていたのだ。
実に見事に咲き乱れていた。
玄関の開口もそれを意識した切り取り方になっている。
そこからの眺めを早く写真に納めないといけない、、、といま気付いた、、、(笑)



d0122640_2171238.jpg

ナゼかK家は写真に納めるのが非常に難しい。
玄関ももっとかわいらしいのに、、、。
・撮る時間帯?
・カメラ?
・アングル?
・腕?(一番の要因・・・!?)

と言うわけで、プロの方に取っていただいたらアップします。
半端に公表してはもったいないので。。。
by lives-web | 2009-03-20 21:10 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

心、ほっこり、薪ストーブ

d0122640_2023623.jpg

評価は他人がしてこそナンボ。
確かに自分自身が満を持して作品を送り出しても、受け手が不満ならそれはただの自己満足で終わる。
商売はあくまで買い手ありき。
私的に言えば住まい手ありき。

だけれども、私には作家としての作品性もある。
でも住まい手さんの要望は当然ある。
では住まい手さんは自身の要望をまとめ上げる業者がいればよいかというと、それは違うと思う。
住まい手さんは建築家に依頼するときから、その作品性に「期待」をしているのだ。



自分が出来ないことを他人にしていただく行為が商売。
だから買い手(住まい手)はあくまで素人であり、でも住まう側としてはプロ。
私は描き手としてはプロであるけれど、これから造る住まいに住まう行為に関しては素人。
そんなお互いの意見がうまく合致した時に初めて、双方にとって最良のパートナーになりうるのだろう。
そんな当たり前であるようで、当たり前でなくなりつつあるこの世の中に改めて気付けた。

それはこんな瞬間。
薪ストーブに火が入り、主が振り返った瞬間である。
(   ) → ( ´∀`)
あんな少年のような笑顔を見せられ、嬉しくて堪らなかった(笑)

住まい手さんは今朝初めて竣工の全貌を拝めたわけだが、職人さん曰く立ち竦んでいたと言う。
それはどんな気持ちだったのだろうか、、、。
終始あの「嬉々」とした顔を見たら想像は付くのだけれど(笑)






とりあえず「ありがとうございました」と伝えたい。
by lives-web | 2009-03-12 20:49 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

感無量

d0122640_1934329.jpg

傷にならないように施していた養生を剥がし、軽くお掃除。

もう単純に「良い」と思えた。
そして素直に「ここに住みたい」とも、、、(笑)

さぁ明日は床の塗装と、住まい手さん待望の暖炉の導入する日。
きっと夜も寝られないくらいワクワクなんでしょうね。

生まれ変わった「我が家」。
住まい手さんの期待以上に答えられるかしら。。。
by lives-web | 2009-03-11 19:32 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)

家具型キッチン

d0122640_15574772.jpg

キッチン+収納+ベンチの組み合わせ。
オリジナルは無限の可能性があるから面白いのである。



今回は間取りの関係上、いままで類を見ない“カタチ”になったのだけれども、
それは「機能」から得た“カタチ”であると思う。

私的には意味のないカタチは好まない。
「すべてには“理由”がある」と思うからだ。
姿にしても寸法にしても、そこには何らかの意図と期待が必ず込められている。
だから職人さんは困惑してしまうのだろうけど、、、(笑)



残り3日・・・間に合うのか!?
完成の全貌は来週にて♪
by lives-web | 2009-03-10 16:04 | 日光市 K家の住処 | Comments(0)