カテゴリ:J家の外構( 9 )

竣工から5年...

竣工から5年のJ家(過去ログはコチラ)。

先日薪(廃材)をお届けに上がった際に拝見してきました。
それでは5年の成果をご覧ください。

d0122640_17513540.jpg

軒下で水が供給出来ないため、住まい手さんによる雨樋が加工されています。
d0122640_17513381.jpg

当初植えたのか追加されたのかもう判別付かず(笑)
d0122640_17513298.jpg

5年の成果は家庭の“雑木”を産み出してくれました。
d0122640_17513025.jpg

d0122640_17512757.jpg

d0122640_17512553.jpg

d0122640_17512339.jpg

ツタが電信柱を覆ってしまいました。
こちらは当初の予定通り。
d0122640_17512191.jpg

今では入手が難しくなりつつある「みかも石」が、低いけれども“結界”を作り出します。
施工がしやすく、入手の容易な既製品では決して生み出せない空気感を石が導いてくれるのです。






さて、ワークショップのお知らせです。
現在施工中の「那須烏山市 Vermeer Ray」にて、作庭家さんとお庭造りを共同作業いたしましょう。
もちろんアルバイト代は出ませんが(笑)、職人さんと共に造園について学びながら時間を共有出来ればと思います。

□詳細
住所:栃木県那須烏山市
日時:8月22日(金) 8:00~
    8月23日(土) 8:00~
※参加費無料

一日だけでも結構ですし、もちろん両日でも構いません。
定員は10名程度。
ご興味がございましたらご参加くださいませ♪

お申し込みはコチラ
d0122640_1873598.jpg










住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-07-12 18:19 | J家の外構 | Comments(0)

一年越しで撮影...

竣工からおよそ一年が経過した「J家の住み処」の撮影をしてきました。
そちらのご報告を・・・
d0122640_16382792.jpg

すすきがとても秋らしい。
ふと気付いたのだが、今回の写真では秋のシーズンしか使えないのだ。。。
春先にもう一度撮影させてください♪
d0122640_16375480.jpg

向かいのマンションからの高所撮影で全景を。
立地的には路地裏のようなところ。
町に対して閉じすぎず、開きすぎずの良い関係を構築できたのではないかと思う。
d0122640_1847610.jpg

ちなみに施工前。
d0122640_1638834.jpg

内庭から路地を眺めたところ。
直線的な建築物と、有機的なラインを組み合わせ、ほどよい“柔らかさ”の演出を試みた。
d0122640_1640183.jpg

こちらのアップは駐車場の土間打ち。
通常ですと「金ゴテ仕上げ」といって、ツルツルした仕上げとするのが一般的。
僕的にはなにか“無機質”という印象を与えてしまい、植栽との相性も良くないですし、路地に対しても閉鎖的な印象を与えてしまう。
おなじコンクリートでも、こちらは「洗い出し仕上げ」と呼ばれるもの。
要はコンクリートに含まれている砂利を表面に浮かせる方法。
そうすることで、金ゴテののっぺりな表情よりも、砂利達が様々な表情を見せてくれるのだ。
ちなみに目地は「ロードカッター」を使用している。

もう一つのメリットとして挙げられるのですが、駐車面が傾斜の場合スリップしない。
金ゴテの場合、どうしても低μになってしまうので結構危険なのですよ。。。
d0122640_1639997.jpg

カエル君。
「うちにカエル」に掛けての事でしょうか(笑)
d0122640_16394546.jpg

こふでちゃんも元気でした♪
「おぅ、久しぶり!」みたいな(笑)





植栽や石達は一年を経てだいぶ馴染んできたようでした。
枯れてしまった木もありませんでしたしホッと一安心。
来年の春には狙い通りのうっそうとした緑を茂らせてくれる事でしょう。

外構というのはいくつかの役目があると思いますが、僕の提案したい庭は・・・

□住まいとの関係性
□町との関係性
□町と住まいとの距離感を形成
□通りへ緑のお裾分けによる貢献


これらが主な目的だと思うのです。
もちろん住まい手さんへの使い勝手の考慮は忘れては居ませんが...。



現在は「E家の住み処」の外構を計画中。
あの“変な外観”(笑)に対しての植栽は思いの外難しいかも。。。
「M家の住み処」のように、「蕎麦屋」になる事は間違いないようだ(笑)
by lives-web | 2010-11-11 17:28 | J家の外構 | Comments(0)

緑、育つ。

d0122640_16181144.jpg

去年の11月に完成した「J家の外構」の初めての春過ぎ。
d0122640_16184851.jpg

完成直後がこちら。

どうです?
想像以上に鬱そうとしています(笑)

どの木も枯れることなく、元気に育っていることに安堵。
今年はこのまま成長を見届け、来年はちょっと剪定をした方がいいかもしれません。

子供達は「ジューンベリー」に夢中らしく、“食べられる植栽”に喜んでいるそうだ(笑)
by lives-web | 2010-06-14 16:22 | J家の外構 | Comments(2)

完成写真

例の如く写真では表現しづらい、、、。
d0122640_20551669.jpg

※施工前
d0122640_17133346.jpg

※施工後
d0122640_1714755.jpg

あまり不完全な表現は避けたいのですが、何人かの方々からリクエストがあったので、
「一応」公表させていただきました。
本当はもっと良い雰囲気なんです!とだけ付け加えさせてください。。。
正式な公表は来春の新芽が芽吹いて、生い茂ったときにしたいと思います。
その時はちゃんとカメラマンを入れますので、伝わりやすいかと思います。
d0122640_1714218.jpg

ご家族施工の「立水栓隠し」の小壁。
見づらいですが、奥にはご家族全員の手形入り。
おはじきやタイルを埋め込んであります。
手作り感たっぷりでとってもかわいらしい♪


住空間設計LIVESのHP
※12月にリフォームのセミナーを開催します。
 詳細は後ほど、、、。
by lives-web | 2009-11-05 21:03 | J家の外構 | Comments(0)

駐車場の目地

通常コンクリート土間の目地は、隙間を空けてそこに植栽を施すのが一般的。
でも意外と草が生えてきたり、手入れが大変なんだそうな。
そこで考え出されたのが、この「ロードカッター」による目地。
d0122640_17482069.jpg


そもそも目地はコンクリートのひび割れを防止する役目があります。
これはコンクリートの宿命ですね。
それをすこしでも軽減させるための、いわば「誘発」のような感じです。

単純にカッターで切れ目を入れただけなのですが、ヒビはかなり軽減されるはず。
結果的には非常によい成果が得られたと思います。
ラインも不規則で、でもリズミカルに。

残りは下草のみ。
全体写真は後ほどのお楽しみ♪
ずっとポイント写真だったのはそのため・・・言わば出し惜しみ(笑)



結城市のS家では家具や建具の搬入が行われていました。
結城市とさくら市の距離はおよそ70㌔・・・軽い小旅行(笑)


住空間設計LIVESのHP
by lives-web | 2009-10-17 18:43 | J家の外構 | Comments(0)

大詰め!

しばらく放置しちゃいましたね。。。
こんなにも放置したのは久々かしら???

さて放置した分?現場は進むわけです。
d0122640_194675.jpg

駐車場の土間も打ち終わり、中高木も植え終わりました。
残るは薪小屋と下草のみ。
想像以上に雰囲気が良くなりましたね!

でもこの庭だと「うちの作品ですけど?」って宣伝しても違和感がないのかも(笑)
結局庭の印象だけかい!?って事になっちゃいます???
それだけ「お庭」は印象深いものなのかも知れませんね。

詳細はまた後ほど♪
d0122640_1942284.jpg

こふでちゃん@もう少しの辛抱ね♪




住空間設計LIVESのHP
by lives-web | 2009-10-13 19:09 | J家の外構 | Comments(0)

着々と・・・

雨でそうも行かなくなってきましたが・・・
d0122640_10464135.jpg

何故か一本だけ植えられた「ヤマボウシ」。
一本木が入るだけでも印象はまるで違くて・・・不思議な力ですよね。
建築はどんなに有機的な指向に振っても、結局は無機質な固まりに過ぎない。
対して植栽は有機物そのもの。
その相性が合致する「魅力」はどこから来るのだろう・・・なんて答えのない疑問に思いを馳せてみた(笑)
d0122640_10544870.jpg

玄関のアプローチ廻り。
まるで違う住まいの印象になることでしょう。
お施主さんも楽しみ半分不安半分???(笑)
d0122640_10543752.jpg

愛犬「こふで」も工事現場を見守ります♪




住空間設計LIVESのHP
by lives-web | 2009-10-02 10:58 | J家の外構 | Comments(0)

解体工事

先日お伝えした「外構改装工事」が始まりました。
d0122640_18324793.jpg

d0122640_18332894.jpg

シロアリ被害や水捌け等の問題もあり、お施主さんの要望で思い切って一度リセットすることに。

以前の外構は、基本的には「閉じる」方向であったのに対し、今度は「開く」方向に転換。
開くと言っても、近くにはスーパーや住宅が建ち並ぶ立地なので、そこら辺も加味しながら
ほどよい具合に調整。



さてどうなる事やら・・・楽しみ♪



住空間設計LIVESのHP
by lives-web | 2009-09-19 18:44 | J家の外構 | Comments(0)

J家のお庭

もう九月です・・・。
夜は秋虫の合唱がどこか心地よく、気持ちがほっこりしてきますね♪



さて、新しいプロジェクトの開始です。
独立後初めて「外構」のみの仕事のご依頼をいただきました。
d0122640_1847610.jpg

諸事情があり、お庭を全面作り替える計画。

問題点の一番としては「水捌け」の問題。
今年はシロアリの“当たり年”らしいのです。
J家のお庭には薪ストーブの薪が積まれていたり、水捌けが悪いために湿気が多い等、
一概に「コレ!」という断定は出来ないものの、シロアリ発生の条件は十二分。
どうせなら・・・という感じでJ様は一念発起。
思い切ったものですよね、、、(笑)

いままでの不満を全部ぶつけていただき、それらを解消するべくデザインは完了。
外構や住宅のリフォームのような「既存の改良」を成功させるには、まずは「現状の不満」を
掘り下げる作業が大切だと思うのです。
それにはとことん話し合うことが大切で、話すことで思い出すことが多々あるものです。
普段なにげなく過ごしているのですから当然ですよね。

どんなケースでもそうですが、業者さん選定の際は互いの「相性」がかなり重要です。
すべてをさらけ出せるような、そんなコミュニケーション能力に長ける方を選ばれると、
お互い楽しい時間が過ごせると思いますよ♪
でも中にはそれを武器にして騙そうとする方も・・・ご注意を・・・。



デザインは一発で気に入っていただき、後は金額の提示(これ一番重要・・・笑)。
お庭の印象で住まいの印象を何処まで変えられるか、今から楽しみ♪
d0122640_199429.jpg

J様の愛犬「こふで」。
君の居場所もちゃんと作ったげるからね♪
でも工事中は遊んであげられないから・・・おとなしくしててね・・・無理か(笑)
by lives-web | 2009-09-01 19:15 | J家の外構 | Comments(0)