カテゴリ:machiya( 9 )

空間と時間を写真に納める

まずひとつ、「空間と時間を写真に納める」は非常に難儀で不可能だ。
ましてやアマチュアカメラマンである僕なんぞに...。
それでも設計者としての意図を写真に納めるのは、僕以外にはなかなか出来ないであろう。
何せこの空間の、最大の理解者であるからだ(笑)

建築も写真も文章も、表現として一貫していなくてはいけないと思う。
僕はよく「君がこの建築を設計しているようには見えない!!」と言われる。
人物の見た目で判断してはいけないという話(笑)

閑話休題

かっこいい写真では意味がない。
きちんと空間として伝わらなければ「写真」として意味がない。
両方出来るようになってから言えと言われそうだけれど...苦笑
d0122640_1719407.jpg

作品名である「machiya」の由来となった西面ファサード。
低く低く伸びやかに...
両サイドの住宅と見比べると明らか。



d0122640_17204010.jpg


d0122640_17171212.jpg

店舗の入り口も兼ねているため、アプローチは入念に計画。
アオダモが屋根から突き出ているのが特徴的で、その根元には苔溜まり。
鎖雨樋を使用し、足元には手水鉢(中には金魚)



d0122640_17202561.jpg

プライベートゾーンとなる東面
下草のイワダレソウの成長が待ち遠しい。



d0122640_17201556.jpg

インナーバルコニーを見上げたところ。
屋外からはほとんど内部は伺えない。



d0122640_17171793.jpg

診療所内部
身体のケアも、まずは心から。
精神的にも落ち着ける空間を心掛けた。



d0122640_17163961.jpg

ご主人の書斎
天井高は更に下げて2.000mm。



d0122640_1716215.jpg

1階と2階を意識的に切り替える装置として機能している階段。
折れ具合が特徴で、一瞬目に入る物すべてが真っ白になる時があるのだが・・・



d0122640_17142747.jpg


d0122640_17144015.jpg

上がるとこんな感じ。
自身では久々な化粧垂木の天井。
リビングはなんと畳。
やんちゃ坊主3人衆(4人衆?笑)に対しての配慮。



d0122640_17155578.jpg


d0122640_17154585.jpg

キッチンからの眺めがいかに気持ちが良いか。
その善し悪しでおかずの品数が決まる!!?
キッチンはその住まいの司令塔として、気持ちの良い場所でなくてはならない。



d0122640_1716749.jpg

最近おなじみの小畳。
今作は天井をRにし、胎内に包まれるように。




d0122640_17141539.jpg

障子を閉めると更に和を感じる。
ただしこれは“和”ではなく“日本の家”である。



今作の写真は明るめと意図的に暗めのものと2バージョン。
これもまた表現の難しさだ。
バッと明るく開放的・・・は意図していない。
必要最小限で十分な開口を心掛けているため、実物以上に明るい室内もまた妙。
適度に暗く、ちゃんと明るく。





住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-09-13 17:45 | machiya | Comments(0)

新たなチャレンジ、確かな手応え

先週末、machiyaにて「暮らしの見学会」を開催させて頂きました。
お越しくださった方々、誠にありがとうございました!!
様々なご意見をくださったり、「建築知識ビルダーズ買ったよ!!」との声を頂いたり、わざわざ東京からお越しくださったり...
OB様が遊びに来てくださったり、これから設計中の方も、ご新規様も、単にファンだという方も(笑)、本当にたくさんの方がお越しくださりました。

諸条件による新たな設計のチャレンジが続いた作品です。
チャレンジによってどこも破綻する事なく、確実に“COMODOの空間”であると、来場者様の反響により確信しております。
様々な在り方において、今後の糧になる事は間違いないでしょう。
だがしかし、この評価に甘んじる事なく、日々精進は続きます!!

来る7日には、主にプロ向けではございますが、引き続き見学会をおこなっております。
もちろん一般の方でも、お時間ございましたら是非お越しくださいませ。

さくっと竣工写真の試し撮りをしましたので、一部を公開します。
本腰撮影は今週いっぱい、天候の具合を見ながら臨みたいと思います。
d0122640_20272181.jpg


d0122640_20231653.jpg


d0122640_2023655.jpg


d0122640_2025834.jpg




暮らしの見学会のお知らせです。

「machiya」と題された今作のコンセプトは、まさしく“町屋”となります。
前面道路の大きな通りからは水平ラインを強調し低くどっしりと構え、手前には店舗(整体治療院)を配し、ゾーニング(部屋の区割)の明確化から、その奥には家族の間としての居住空間を備えた店舗併用住宅となります。
診療所の患者さんと家族のプライベートを明確化するためにリビングは2階に配しました。化粧表しとした大屋根に内包されながら、家族の司令塔としての位置づけであるアイランドキッチンを中心に、気兼ねなくゴロゴロ出来るようリビングでありながら床は畳仕上げ。更には外を内に緩やかに取り込む装置としてインナーバルコニーも備えます。
 150坪を超える広大な敷地に対する作庭はいつもの「家+庭=家庭」をコンセプト。大きな大きなヤマボウシを誂え、まるで「キャンプサイト」のようなお庭に仕上げました。そこには弊社の建築コンセプトに則った小屋である「COMODO hutch」が併設され、あたかもひとつの村であるかのよう、敷地内だけでコミュニティを形成しています。玄関前の屋根から突き出た樹形の美しいアオダモや、近景と遠景を意識して配された植栽は一見の価値ありです。



【今回のイベントのポイント】
 - 化粧表しの大屋根に内包されながら畳でゴロゴロ出来るリビング
 - まるでひとつの村であるような一分の隙も与えない豊かな作庭
 - 外を内に緩やかに取り込む装置としてのインナーバルコニー

ブログ記事


d0122640_21584442.jpg
d0122640_21585812.jpg




「machiya」
暮らしの見学会
日時 9/7(水)      12:00~17:00
場所 栃木県矢板市

※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)

d0122640_19321930.jpg



住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-09-05 20:29 | machiya | Comments(0)

まもなくまもなく!!

iPhoneの写真でごめんなさい。。。

週末に予定している...正味後二日ですが、暮らしの見学会を開催する「machiya」の現況です。
残すはとても大切な詰めの作業。

d0122640_19424781.jpg


d0122640_19423892.jpg


d0122640_19424343.jpg


いままでの作風とはひと味違うかも知れません。
完成形は是非お越しになってご覧くださいませ!!






暮らしの見学会のお知らせです。

「machiya」と題された今作のコンセプトは、まさしく“町屋”となります。
前面道路の大きな通りからは水平ラインを強調し低くどっしりと構え、手前には店舗(整体治療院)を配し、ゾーニング(部屋の区割)の明確化から、その奥には家族の間としての居住空間を備えた店舗併用住宅となります。
診療所の患者さんと家族のプライベートを明確化するためにリビングは2階に配しました。化粧表しとした大屋根に内包されながら、家族の司令塔としての位置づけであるアイランドキッチンを中心に、気兼ねなくゴロゴロ出来るようリビングでありながら床は畳仕上げ。更には外を内に緩やかに取り込む装置としてインナーバルコニーも備えます。
 150坪を超える広大な敷地に対する作庭はいつもの「家+庭=家庭」をコンセプト。大きな大きなヤマボウシを誂え、まるで「キャンプサイト」のようなお庭に仕上げました。そこには弊社の建築コンセプトに則った小屋である「COMODO hutch」が併設され、あたかもひとつの村であるかのよう、敷地内だけでコミュニティを形成しています。玄関前の屋根から突き出た樹形の美しいアオダモや、近景と遠景を意識して配された植栽は一見の価値ありです。



【今回のイベントのポイント】
 - 化粧表しの大屋根に内包されながら畳でゴロゴロ出来るリビング
 - まるでひとつの村であるような一分の隙も与えない豊かな作庭
 - 外を内に緩やかに取り込む装置としてのインナーバルコニー

ブログ記事


d0122640_21584442.jpg
d0122640_21585812.jpg




「machiya」
暮らしの見学会
日時 9/3(土)~4(日) 10:00~17:00
   9/7(水)      12:00~17:00
場所 栃木県矢板市

※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)
 seeders(見学会盛り付け)

d0122640_19321930.jpg



住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-08-31 19:52 | machiya | Comments(0)

白い壁と垂木と少しの開口

順調に進んでいる「machiya」の進捗状況です。

梅雨の長雨に悩まされたものの、どうにか外壁工事へと着手しました。
d0122640_1049792.jpg

今作は久々の「白州そとん壁」を採用しています。
杉板とガルバとそとん壁の採用区分は...気分です(笑)
特にご希望のない場合は、やはり予算を加味しつつ、周辺環境を優先しているかも知れません。
作庭のイメージに調和するように、周辺環境に馴染むように。

内部はほぼほぼ。
d0122640_10492069.jpg

d0122640_10491495.jpg

内装工事は終わり、建具の建て込みを待ちつつ、設備や電気の接続と言ったところ。
相変わらず開口は絞り気味ではあるものの、暗いイメージは持ちません。
仄暗いと言うよりは仄明るい、といった具合。
d0122640_10492752.jpg

d0122640_10492345.jpg

ただ開けるのではなく、そこには仕掛けを仕込んでありますから、どんな表情になるのか楽しみ。



完成お披露目の日時を決めてしまいました!!
外壁と作庭がギリギリ!?かもしてませんが...

machiyaの見学会
「あっさり、しれっと、上質に。」
日時 9/3(土)~4(日)
   10:00~17:00
場所 栃木県矢板市


新たな試みとして、ナイトイベントを予定しております。
もちろんアルコールをご用意!!笑
また、同業者さん向けにリクエストがあった水曜日も別途開催いたします。
詳細決まりましたらまたご報告させていただきます。




住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net


飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 

by lives-web | 2016-08-08 11:10 | machiya | Comments(0)

「machiya」の進捗状況

今年は実に梅雨らしい梅雨ですね。
おかげで現場は外部が思うように進められず...

内部は順調に進んでおり、来週からは内装の仕上げに取りかかります。
そんな内部の様子を一部公開。

d0122640_18301011.jpg

内部のような外部のようなインナーバルコニー。
内と外の中間体となっており、2階リビングでありながら、確実に外を感じられる装置です。
d0122640_1836513.jpg

バルコニーからの眺め。
外構も同時進行しております。
庭にはお役目を立派に果たした「COMODOhutch」を据え付け。
d0122640_1830495.jpg

2畳半の小上がり畳間。
天井をラワンベニヤ(仕上げ)でRに施し、独特な空気感に。
垂木が表しの天井ですから、より線が強調されてしまうため、“抜け感”を演出するためでもあります。
d0122640_1830054.jpg

そんな垂木表しの天井。
屋根は二重構造とし、断熱層と空気層を確保します。
架構表しによるありがちなダイナミズムを打ち消す事がテーマでしたから、仕上がりでうまくいくでしょうか。
嫌味のない、美しい木の家らしさが演出できたらなと思います。



他の進捗状況もちょっと紹介。
以下、来年の物件となります。

佐野市
町の小さな和菓子屋さん(店舗併用住宅)
d0122640_18495899.jpg


大田原市
湯津上村の家
d0122640_18493058.jpg




住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net



飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 
※WORKS(JDMHOUSE)更新しました。
※「TheLives」ページ作成しました。

by lives-web | 2016-06-28 18:56 | machiya | Comments(0)

建て方から1ヶ月弱経過

建て方から1ヶ月程度が経過しました。
筋交いの代わりである耐力面材が張り終わり、第三者保証機関の検査が無事合格。
外郭の壁が出来上がりましたから、全容的な雰囲気が生まれました。

いままでの作品の中では一番広いリビングかも知れません。
垂木表しの天井と、インナーバルコニーによる半屋外の中間領域によって、ただの“空間”が“間”として構成されるのだと実感させられます。

d0122640_16323180.jpg

・キッチンからリビング
正面と右面の開口は木建による全開口。
インナーバルコニーという中間領域により、屋外と屋内の関係性が濃密になります。
d0122640_16323958.jpg

・施術室
The整体屋さん然しないよう、その建築物そのもので店舗の存在感を示します。
d0122640_16324611.jpg

ガレージから玄関へのアプローチの屋根を一部切り欠き。
ここから樹形の美しいアオダモと、足元を苔生してみようと思います。
d0122640_16325265.jpg

・東面外観
僕の性格が出る完全シンメトリー(笑)
d0122640_16325832.jpg

・西面外観
足場をばらすまでは全容が掴めません。
道路からは結構な存在感を放っております。


飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 
※WORKS(ひとつ屋根の家)更新しました!!

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-05-11 16:48 | machiya | Comments(0)

上棟式

解体工事やら何やらで、工程上、神主さんを呼んでの地鎮祭が執り行えなかったため、上棟式をして頂きました。

現在ではあまり執り行われなくなった上棟式。
個人的には地鎮祭も上棟式も、そして棟上げには餅やお菓子を撒きたい!!笑
しかし、住まい手さんの負担が増える一方ですから、自粛していますが...
最近ではほとんど行われませんから、近所の子供達は来ないのでしょうねぇ。

d0122640_17452068.jpg

基本的には地鎮祭も上棟式も祭壇は一緒。
d0122640_1745364.jpg

大人になっても覚えてくれてるかなぁ。
d0122640_17453840.jpg

槌打の儀
d0122640_17454227.jpg

縁起物
d0122640_17454329.jpg

最後に棟札を納めて。

坪面積の割にはとても大きく感じる「machiya」
”小さく住まい、豊かに暮らす”はどこへやら...笑
店舗併用ですから、致し方ないところです。
でも相変わらずお隣さんよりも低い低い!!

改めまして、おめでとうございます!!
誠心誠意、楽しませて頂きます。



飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 
※WORKS(ひとつ屋根の家)更新しました!!

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-04-19 18:00 | machiya | Comments(0)

祝!上棟!!

整体の診療所を併せ持つ、店舗併用住宅の「machiya」。
昨日から建て方が始まりました。
d0122640_21402226.jpg

化粧垂木ですから、天候との睨めっこではありましたが、どうにか笑ってくれたようです。

d0122640_21402138.jpg

見よ、この真剣なまなざし!!笑
彼は、普段こんな表情見せませんから(それもどうかと思うが...)、職人魂に惚れるわけです。
d0122640_21401916.jpg

建て方はクレーンも含めチームワーク必至。
d0122640_21401822.jpg

今作は、自身でもあまりやってこなかった化粧垂木に化粧野地。
あえてここで挑戦してみたいと思います。

僕は今までも、木の家を自負していましたが、あまり木々しくなるのは好ましくありません。
今作もやはり、「あっさり、しれっと、上質に」のコンセプトはそのままですが、どこまで“木の家らしさ”を追求できるか、挑戦となります。
とはいえ、柾目ばかりを使った“上級”な空間は避けたいところ。
上質=上品≄上級



敷地が潤沢にありますから、作庭が逆に難儀しそう。
つまりは、何とでもなるから(笑)
d0122640_2222691.jpg

とはいえ、既にシンボルツリーはこの立派な「ヤマボウシ」に決定。
そして「comodo hutch」を設置。
これらをメインに、インナーバルコニーやら外観やら町並みやら1階の窓やら2階の窓やら...条件を加味していきます。
既存住宅を解体した際の古大谷石や飛び石なども活用。
ガレージがありますが、あえてコンクリートの土間は打たない仕様に。
そのガレージから玄関へのアプローチには、一部屋根を切り欠き、アオダモ辺りの、幹の美しさを併せ持つ、坪庭を添えたいと思います。

林道のような、フェスの会場のような、キャンプ場のような、広大な敷地を生かし、遊べる庭となることでしょう。

竣工は8月を目指します。
お楽しみに!!


飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 
※WORKS(ひとつ屋根の家)更新しました!!

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-04-13 22:17 | machiya | Comments(0)

新規プロジェクト!!

来年のプロジェクトが続々と。
d0122640_023982.jpg

d0122640_022595.jpg

コンセプトは町屋...タイトルもまんま「machiya」に命名...安易(笑)
店舗併用の5人家族のための住まい。
住まいと庭の両立による提案を気に入って頂けたよう。

手前のスペースは自前のキャンプ場!!
そこには払い下げになったcomodo hutch?の設置!!
フェスも開催できるかも!!

小変更はあるものの、基本プランはこのままでいけそう。
コンセプトメイキングがしっかりした提案はやはりブレがなく強い。
逆に跳ね返されたときは打たれ弱いとも言えるが(笑)







飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
by lives-web | 2015-09-18 00:50 | machiya | Comments(0)