カテゴリ:giftbox( 7 )

住まいの小さな景色たち

先日お引き渡しを果たした「giftbox」のディテール集と小さな景色を。

d0122640_14075822.jpg
浮いてるように魅せる階段
作庭家である長谷川氏のナイスアイデア!!
土間は玉砂利洗い出しに見切りは大谷石

d0122640_14074968.jpg
施工力が試されるRの取り合い

d0122640_14074138.jpg
うちのデザインには真鍮の風合いがベストマッチ

d0122640_14073335.jpg
何気ない気遣いかなと

d0122640_14072306.jpg
主人の帰りを待つ従順な犬のよう(笑)

d0122640_14071607.jpg
こんな景色があっても良いかなって

d0122640_14070787.jpg
おなじみ好文さん作の照明

d0122640_14065719.jpg
荒川家具さんにお借りした家具

d0122640_14064716.jpg
光は影のために

d0122640_14063826.jpg
ペントハウスへの階段
下部へ光を落とします

d0122640_14063035.jpg
漆喰による光の吸収が好き

d0122640_14062208.jpg
電球のブラケットは陶器

d0122640_14061168.jpg
私物の真鍮製デスクライト

d0122640_14060398.jpg
今作の美容室のために探して貰ったシャンデリア
1960年代の日本で売られていたドイツ製

d0122640_14055518.jpg
階段のスリットから

d0122640_14054844.jpg
階段の地窓
階段の開口ってもっと遊べるかも





住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp




by lives-web | 2017-03-29 14:05 | giftbox | Comments(0)

竣工写真(お引き渡し前)

giftboxの竣工写真に臨んできました。

d0122640_11301806.jpg
町の景色としてのgiftbox
新緑の季節が楽しみ

d0122640_11300883.jpg
南面から
住居の玄関と差別化するため、色で美容室と判断してもらうため珍しく建具を着色

d0122640_11304421.jpg
「La Chou Chou」
フランス語でお気に入りの場所という意

d0122640_11302810.jpg
15:00頃の西日

d0122640_11532363.jpg
障子を閉めれば光は柔らかく
街の喧騒はほとんど聞こえません

d0122640_11293734.jpg
窓からの景色
斜向かいの緑が室内に飛び込んでくる

d0122640_11292582.jpg
キッチン(+ダイニング)とリビング

d0122640_11295101.jpg
上はペントハウス
実は屋上を備えています

d0122640_16232852.jpg
おまけ(笑)

次回は僕の建築テーマでもある「影」に焦点を当てた写真を少々。





住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp














by lives-web | 2017-03-21 16:35 | giftbox | Comments(0)

明日からお披露目。

どうにか滞りなく...相変わらずのギリギリではございましたが。
前からお伝えしているとおり、明日から住まい手さんのご厚意にあずかり「暮らしの見学会」を開催いたします。

近作は構造表しなどのダイナミズムが特徴的でありましたが、今作はすっきりと。
それでも良い意味での“アク”は強いかもです。

明日のお披露目に先駆け、ちょこっとだけ公開。
撮って出しの写真なのでその辺はご了承を。

d0122640_19252804.jpg
ハッピーアワー(お月様と共に)
d0122640_19254494.jpg
障子越しに西日に照らされた木陰
d0122640_19253729.jpg
この眺めのための窓
d0122640_19253363.jpg
古家具屋さんとのコラボもばっちり!!
クライアントをイメージできる美容室になったと思うのですが...いかがでしょ?



それでは明日のご来場、心よりお待ち申し上げております。



暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp





by lives-web | 2017-03-10 19:37 | giftbox | Comments(0)

足場も外れてお披露目!!

足場の掛かった状態でも目立っていた当物件。
外せば更にババーンと(笑)

お隣と比べてもミニマム。
なんとも愛らしいカタチになれたと思います。

d0122640_16262347.jpg
車のないこの瞬間はなかなかレア
d0122640_16261454.jpg
外壁が黒ではあるものの、威圧的ではなく、あまり違和感なく溶け込んでいくのではないでしょうか。
緑芽吹くのが楽しみです。

現在は建具屋さん、電気屋さん、左官屋さん、設備屋さんと、相変わらずのオールスター(苦笑)
お披露目にはちゃんと間に合いますのでご安心を。


暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp


by lives-web | 2017-03-03 16:33 | giftbox | Comments(0)

_あけましておめでとうございます_

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年はスロースタートで・・・と行きたいのが本音ですが、いきなりダッシュで臨まねばならなそう(笑)
各々現場の無事を確認し、諸々の段取りを済ませて新年は始まります。
だがしかし、年末のスキーで腰を痛め、若干風邪気味で調子が上がらず、元気であってこそパフォーマンスが発揮できるのだと痛感。
皆様もご自愛くださいませ。

さて、そうは言っても時間は流れる。
正月鈍りも相まっておりますが、無理矢理にでも身体と精神を呼び覚まさねば。
ということで現場巡り。

giftbox
大工さん大詰め。
残すは枠入と壁下地、外壁となります。
d0122640_18290797.jpg
階段の窓を地窓に。
壁の面積を稼ぎつつ、光の回折を楽しみます。

d0122640_18302734.jpg
もうひとつ階段?
棟屋(屋上バルコニー)へ行くための階段。
下方へ光を注ぐためスケルトンに。

d0122640_18293659.jpg
左がキッチン、右がリビング。
窓の高さを合わせているのが特徴的。
リビングの天井が屈折して見えるのは・・・

d0122640_18292201.jpg
こういう仕掛け。
普通天井は平が当然...当然ってなんだ?からの発想。
屋根の勾配なりに天井を仕上げるのは一般的ですが、こちらの屋根は片流れ。
下地の段階で方形天井(勝手に命名)という一手間を加えてみましたが、どのような表情になるのか楽しみ。

d0122640_18294390.jpg
こちらは美容室の天井。
ドーム型とすることで、内包される空間を狙います。



最近の作風の傾向として、天井で遊ぶことが多い気がします(笑)
お金を過度に掛けず、大工さんの一手間で空間に変化を与えられるから面白い。
ただし、やり過ぎるとエグくなるので適度に絞りつつ。
来週から別件でリフォームに出向してしまいますが、今月中には大工工事は上がり、来月から仕上げへと取りかかれることでしょう。



それでは、本年も当ブログにお付き合いくださいませ!!







住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp






by lives-web | 2017-01-06 19:14 | giftbox | Comments(0)

「gift」の準備

d0122640_11580756.jpg
「giftbox」が上棟いたしました。
宇都宮ストリートのど真ん中ですから、目立ち度抜群。
おかげでブログのアクセス数も増えております(笑)
電気は地中埋設ですので、外観の写真はクリーンに撮れることでしょう。
d0122640_11582973.jpg
d0122640_11582043.jpg
1階が美容室の店舗併用ですから、必然的に、街中でもあるので2階リビングとしています。
このコーナーの窓から斜向かいの緑地公園が望めます。

今作は珍しく箱形住宅。
街中の限られた立地条件における、必然的な形と言えるのでしょう。
軒のない分のデメリットをどこで補うか、それが課題となります。




暮らしの見学会のお知らせ
「斜45°の家」
日時 11/26(土)・27(日)・30(水)
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市

「がむ斜ら扇垂木」
整然とした分譲地に逆らうように、建物の配置を敷地に対し45°振った「斜45°の家」。
その事で四角の土地には4箇所のスペースが生まれ、それぞれに趣の違う作庭を誂えました。
正面の揃った住宅街には大きな変化が表れ、足並みを揃える無意味さを知ります。
アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながらも内包される2Fリビング。
その天井は住宅にはほとんど用いられることのない技法である「扇垂木」を採用。
木組みのダイナミズムが圧巻となりますが、決して空間性を犠牲にすることなく、必然的な存在として空間を嫌味なく構成してくれています。
COMODOデザインと、確かな大工技術をご堪能くださいませ。


【今回のイベントのポイント】
 - 整列されすぎた住宅街に逆らうかのように、斜に構える配置
 - 扇垂木という社寺建築で用いられる技法を住宅に導入
 - アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながら内包的な2Fリビング

d0122640_16420985.jpg
d0122640_12110980.jpg

お時間ございましたら。




住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net






by lives-web | 2016-11-10 12:12 | giftbox | Comments(0)

小さな家の大きなリフォーム

リフォームのプロジェクトを頂きました。
申し訳ありませんが、今年の着工は打ち止め...来年のお話です。
なんともありがたいお話ですが、ご迷惑をお掛けいたします。

さて、このプロジェクトですが、久々な丸ごとリフォーム(リノベーション)。
ちなみに今作のクライアントさんから「なぜ飯田さんはリノベーションって呼ばないの?」と質問を頂きました。
リノベーション...以前は”倉庫をカフェや事務所にリノベーション”というように使われていたのです。
つまりは「用途変更」という意で使われていたように定義していたですが...時代は変わっていました?...笑
単に僕が解釈を間違っていたのでしょうか、定かではありませんが、現在は小規模をリフォーム、大規模をリノベーションとして定義されているようです。

以下wiki
リノベーションとリフォームの違い
リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。
リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。
一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。


ということで、僕も今作から堂々とリノベーションと名乗ることといたします!!笑

閑話休題

依頼内容としては、購入予定の物件にて、建て替えかリノベーション(笑)か迷っているとのこと。
拝見してからの判断で方向性を決めましょうと言うことになったのですが、迷わずリノベをお勧め。
築50年弱と古いと言うこともあり、構造的や老朽化の面も考慮して、今後30年程度を視野に入れたご提案をさせて頂こうかと思います。
なんせ佇まいがかわいらしいのが、クライアントと僕の共通認識。
出来るだけそのプロポーションは尊重しつつ、飯田izmを加えたいと思います。
現況は、過日の東日本大震災にも耐え、損傷は皆無。
補強を加えつつ、リノベならではのデザインを提供できればなと思っております。

25坪の土地に延床24坪の上物付き。
しかも夫婦に3人の子供、さらには事務所と...普通は手を出しません(笑)が、「飯田さんなら...」という嬉しいお声がけ。
決して楽なプロジェクトではありません。
むしろ経験が試される、ハードルの高いプロジェクト。
気張って楽しませて頂きましょう!!

これからのご時世、このようなケースが増えるかも知れません。
住宅過剰供給(空屋増)の問題、借り入れ上限の低下など、様々な要因が起因してきますが、なにより”もったいない”と思うのです。
新築が悪と言うわけでは決してありませんが、絶対ではないと言うこと。
どっちがベストと決められるわけではありません。
ましてや僕が住むわけではないのですから、実際に選択するのはクライアント。
住居を構える際、その“選択肢”のひとつとして「可能性のあるリノベーション(リフォーム)」を、新築同様、積極的に提案していきたいと思います。

d0122640_1829791.jpg


さて、現在工事中の「ひとつ屋根の家」は、ボチボチ終盤にさしかかって参りました。
内部造作は一段落、来週から内装工事へと移行して参ります。
何もない壁の連続が特徴の今作、なんともいえない、エロティックな壁になっております。
変な意味合いはありません、ニュアンスがそうさせるのです。
このお話は次回!!



飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 
※WORKS更新しました!!

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
by lives-web | 2016-02-18 22:07 | giftbox | Comments(0)