<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

原稿書き

d0122640_17173914.jpg

今日はアトリエで次号の原稿書き。
いままで穫りためた資料を参考にしながら挑みます。

感銘を受けた建築家の集めた資料を眺め、そうして気付いてみると昔から住宅建築に対する“理念”は変わっていないんだなと。
己が決めた道を見紛うことなく前進している証拠でしょうか(笑)

出来上がった原稿・・・掲載する媒体のターゲットにしては固いかも...です。
しかしそれらに気付いてもらわなくてはいけないので良しとしましょう!
でもまずは読んでもらえるかどうかですけど(苦笑)

せっかく書いたので一部をご紹介・・・

住まいを建てる動機のひとつに『生活を豊かにしたい』と思うのに、大金をはたいて決められたカタログから間取りや設備、内外装を選択し2.3ヶ月で建ててしまったり、建て売りを買ってしまったりと・・・。
それでは家を建てる面白みや楽しさもなく何も変わらない。生活の器を変えたところでいきなり日々の生活が豊かになるわけではないのに...と嘆く。
さらに近年では過度な設備投資で身体のみの快適性を謳い、収納面積の量で住まいの価値を判断する傾向にあります。実用性や合理性ばかりでは気持ちの良い“住空間”は生まれないのではないでしょうか。
住まいは人間が生きるため、生活を楽しみそして休息をする場。家族で食事をし、TVを見て、会話をしながら寛ぐ。読書や勉強に勤しむ。時にはひとりで物思いに耽る・・・。その生活習慣の中で自由にその時々の居場所を見つけられる。でも家族の気配をどこかで感じ、空気を共有しているような・・・そんな住まいを描きたい。





子育て冊子なのでこんな“決めゼリフ”も・・・

子育て環境のひとつとして『住環境』の住まい。弊社は住まいを“社会に出るための訓練場”として捉えています。家族の上下関係や礼儀作法、気遣いやご近所付き合いなど。様々な出来事を親が見本となり、自然が教えてくれ、近隣環境からも学ぶ。
家+庭で『家庭』。この漢字が教えてくれているとおり、いい家庭を築くにはいい家と緑溢れる素敵な庭が必要不可欠ではないでしょうか?



どうです?固いでしょ(笑笑)
by lives-web | 2007-09-30 17:27 | アトリエ | Comments(0)

シヴ~イ!

d0122640_1719323.jpg

かっこよくないですか(笑)
エンジンさえ付いていれば何でもOKな私。。。

この無駄のない簡素なデザインに惹かれました!
おそらく日本メイドではないでしょうネ...。


あ・・・秋です。
d0122640_17221448.jpg


ちなみにこの森は以前の会社の時の“サボ○スポット”のひとつでした(爆)
by lives-web | 2007-09-28 17:24 | フォトグラフ | Comments(0)

夫婦して・・・

d0122640_20195492.jpg

嫁様がベットから掴まり立ちしている息子を見て“かわいい~♪”と写真撮影していたので私も...?
しかし立つまでに成長しました!
感謝×感謝で謝謝。
by lives-web | 2007-09-26 20:24 | 家族 | Comments(0)

おかげさまで!

先日発行のクルールのおかげでこちらもホームページも結構なカウントアップいたしました。
毎度ご覧頂き誠にありがとうございます!

d0122640_2193839.jpg

d0122640_2194974.jpg


一枚目::Lで繋げた広縁と茶の間全景。
家の中から家を見えるようにすることで、スケール感を上げるのが狙い。

窓は設ければいいと言うわけではなく、何を見せたいか、風の道、光の方向性とその質、視線の抜け道などが本当のテーマ。
東面だから適当に窓を設けて、いざ開けてみたら隣の家の換気扇があって、秋刀魚の臭い...なんてしたら嫌ですよね(笑)そりゃもう当然閉めっぱなしですよ。
設計を机上だけでは出来ないと言うことです。



ちなみにサッシは高さ2,200mm。それに枠の見付けが27mmなので2,227mmが天井高になります。
床から天井まで全部開口・・・いいですねぇ!

一般的に多いのは誰が規格化したのか2,400mm。
200mm近く低いのですが、、、これが皆様には今回の一番の仕掛けになるかもしれません。



住空間設計LIVES
by lives-web | 2007-09-25 21:29 | 真岡市 M家の住処 | Comments(2)

たらこスパ。

d0122640_2102658.jpg

頂き物の明太子。
もちろんそのまま一日一腹で酒の肴(笑)
しかしそれもちょっと飽きてきて・・・贅沢なたらこスパゲティーにしちゃいました!

たらこスパゲティーはお袋の味の一つ。
舌は覚えているモンです!
とても懐かしい味がしました(愛)

いつか子供にも“親父の味”なるものを覚えてくれると嬉しいのですが(笑)
by lives-web | 2007-09-24 21:04 | 食べ物 | Comments(0)

ケーキ♪

d0122640_1642614.jpg

今日は打ち合わせが夜からなのでそれまではお休みということで・・・。
嫁様の買い物の帰りに、ケーキを買ってアトリエで“三時のおやつ”。
その理由はおいしいコーヒーが飲めるから(笑)

久しぶりに食べるケーキはおいしいですね!
とても贅沢な気分(笑)
女方が喜ぶのも判る気がします。。。
by lives-web | 2007-09-23 16:13 | アトリエ | Comments(0)

靴べら買ったよ。

d0122640_1857287.jpg

っで?って言わないでください。。。

ちなみにイタリアのALESSI社(アレッシー)のもの。
柄の部分に人の顔が掘られています。
このブランドはとても可愛らしいキッチン道具でも有名ですネ。
靴べらなのに素敵に箱入りだなんて・・・さすがです。

アトリエ用に買いました。
ただコレを引っかける適当なフックが見つかりません。
まさか画鋲で・・・って事は出来ませんし。
ん~見つかるかしら。

雑貨や画鋲一つでもその空間を位置づけるので気をつけないと行けません。
まずはその空間に似合うか、使いやすいか、フォルムは美しいか、そして値段は適当か。
この仕事を志して以来、どんな買い物でも異様に疲れるようになりました(苦笑)

それは子供のおもちゃでも決して手を抜かないでしょう。
妻に宣言しています。
・・・
・・

合掌。



住空間設計LIVES
by lives-web | 2007-09-21 19:09 | アトリエ | Comments(0)

JIOについて

d0122640_1823410.jpg

昨日の補足を致しましょう。
ちなみにこの“第三者機関”の役割とは...
:: 施工中に請負主(工務店等)が倒産してしまった後の工事を保証
:: 施工の欠陥を防ぐ
:: 瑕疵保証(※例 雨漏りの無償修理)である10年を保証(有償にて最長60年保証)
だいぶ割愛していますが、、、です。

なお、法改正に伴いこれらへの加入がほぼ義務化されます。

なんだかどんどん工務店が追い込まれて大きい企業(メーカー・ビルダー)だけを残そうという思惑がにじみ出てますが・・・。
最近の法改正には建築家の皆さんは苛立ちを抑えきれないようですね。
無論、私も例外なく・・・



っと思わず話が逸れました。。。

検査項目は構造体検査だけでも60項目以上になります。
d0122640_18315418.jpg

これは基礎のコンクリートの強度を計測しているところ。


d0122640_18332514.jpg

木材の含水率(水分をどれくらい含んでいるか。)を計っています。
ちうなみにコレが高いと、乾燥してきた時に木が割れたり反れたりします。
やたらと乾燥されるのもパサパサ(お肌と一緒)してしまうのでそれはそれで。。。


d0122640_18354934.jpg

d0122640_18363391.jpg

設計図通りに金物が配されているか、取付に不備はないかの確認(全箇所)。


等々。
躯体に関わる全項目をくまなくチェックされます。
当然不備があればその場で手直しor再検査(別途費用...)になります。

大工さん共々緊張の一瞬ですよね(苦笑)
まぁ当然?一発合格だったのは言うまでもありませんけど。。。
あっても公表できませんかね(笑)
by lives-web | 2007-09-20 18:42 | 真岡市 M家の住処 | Comments(0)

構造体検査

d0122640_20262858.jpg

JIOによる『構造体検査』を実施しました。
弊社が第三者機関による検査&保証へ加入する最大の理由は本来の“何かあった時の備え”ではなく、“品質の管理”的な意味合いが強いです。
部外者が納まりを確認することで、仕事に対する品質が安定すると考えています。
当然職人さんを疑っているのではなく、勘違いや見落としを防ぐこと、従来の間違っていた施工を正すこと。
もちろん万が一の備えとしても安心ですしね。
なによりお施主様に安心していただけますから!

しかしこの検査・・・本当に厳しいんですから(笑)


詳しくは弊社HPへ(バナーが貼ってあります)
住空間設計LIVES
by lives-web | 2007-09-19 20:34 | 真岡市 M家の住処 | Comments(0)

飛行機雲

d0122640_1784745.jpg


やたらと空が高く感じました。
世界は広い。同時に世間も広い。

もっと“広い世界”を見なくては。
by lives-web | 2007-09-18 17:10 | 雑談 | Comments(0)