<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

商工会青年部の旅行 at2011

先日の土日は「商工会青年部」による毎年恒例の旅行に参加させていただきました。
目的地は「九州:長崎」でして、僕自身初上陸。

イメージ的には“異国情緒あるれる・・・”的な印象を持っていたのですが。。。
環境的には「神戸」の育ちと似ているモノの、あの8/9の午前11時02分にすべてを喪失してしまったいるのですよね。

さて、何回かに分けてこのシリーズを組み立てていこうかなと思っているのですが、ざっくりと旅行の内容を紹介します。
d0122640_14562456.jpg

まずは羽田で長崎空港までフライト。
スカイツリー判ります???圧倒的な存在感でした♪
d0122640_14563669.jpg

原爆資料館で戦争の悲劇に触れ...
d0122640_14564113.jpg

そのまま平和記念公園。
d0122640_14564752.jpg

ホテルにチェックインした後は一人「中華街」を散策。
d0122640_14565295.jpg

長い夜を経て(爆笑)、軍艦島を見学・・・の予定がまさかの雪で、無念の上陸ならず...。
d0122640_14565877.jpg

最後はグラバー邸を見学し、仕事柄のめり込んできました(笑)



最初に総評を申しますと・・・辛口な評価になってしまいます。
誰が悪いという事でなく、もしかすると僕自身のマインドがそうさせているのかも知れません。
「青年部」の存在意義、何をすべきで何が出来るのか。
逆に僕らとその下の年代の仲間と何が出来て何をしなくてはならないのか。
良くも悪くも「気付き」がたくさんありました。

青年部に入会させていただいて三年目。
それぞれのいろいろな面を見られるようになってきた反面、外面的、内面的な体制に疑問を感じる事も少なからず出てきました。
「仲間」としては大変素晴らしいモノを感じていますが、「同志」としての繋がりを感じられないのかも知れません。
それは単に「後継者」と「創業者」の違いから生まれてくるのか、青年部の活動を通した体質なのか、僕にはまだ判りかねます。

今回のブログは相当な批判に伝わってしまうかも知れません。
ただ、伝えなくてはならない事はきちんと「表現」として表さなくてはならない。
ちなみにこれらは僕個人の単なる妄想に過ぎず、勘違いを起こしている可能性がある。
グダグダと羅列してしまいましたが、若輩者の戯言でしかないかもしれません(笑)



もちろん総合的にはとっても和気藹々で楽しかったのは間違いありません!
僕が"堅物“すぎるのか・・・でもそれが僕の生き方です。





それにしてもなんとまぁ「抽象的」な記事なんでしょ・・・。
by lives-web | 2011-01-31 15:55 | 事業活動 | Comments(10)

バタバタバタ・・・

年明け恒例?の忙しさ。。。
馴染みのお客様からお仕事の紹介をいろいろと頂き慌ただしくしておりました。

そんな言い訳はどうでもいいのですが(笑)
この一週間はいろいろと出来事がありましたので、順次UPしますね♪

d0122640_17251690.jpg
d0122640_17252391.jpg
d0122640_17253068.jpg
d0122640_17253755.jpg
d0122640_17255041.jpg


日曜日はほぼ毎月参加させていただいています「Free Motor Meeting」でした。
ちょうど???そっち方面に用事があり(作って???)参加させていただきました。

今回はいつになくバラエティーに富んだ参加者が目立ちましたね♪
上から...
トヨペット・クラウン
ポルシェ911(964)
ミニ・クラブマンGT
ルノースポール・スピダー
どうです?変態でしょ(爆笑)

〆は昼食がてらツーリング。

何度か参加させていただく中で、ありがたいことにお友達と呼べる方もチラホラと!
もちろん?年上の方ばかりですので「お友達」と呼んでは失礼かも知れませんが。。。
でもこういった共通の趣味を持った方々との交流はとても刺激になり、人生に潤いを与えてくれます。
主催者の方には本当に感謝しております♪
いつまでもみんなで「FMM」を続けていきましょうね!





※明日、明後日は「長崎」にいます。
by lives-web | 2011-01-28 17:54 | 車・バイク | Comments(2)

更新が・・・

スイマセン、とりあえず生きてます報告で・・・。

明日はきちんと内容のあるブログにします。。。


それでは・・・。
by lives-web | 2011-01-26 18:03 | 雑談 | Comments(0)

下の息子、二歳なり。

d0122640_16273642.jpg

おかげさまで下の息子が二歳になりました♪
同時に二児のパパも二歳に。

最近では「と~たん♪」と呼べるまでになりましたが、未だにママがいないと寝られません。。。
兄弟仲はとても良く、たまぁ~に喧嘩する程度。
まぁ僕がかまってやれる時間が少ないのかも知れませんが、、、。

兄貴はO型、舎弟はおそらくB型・・・性格が僕に似ているモノですから(苦笑)

本当にのんびりと、おおらかで自由に成長しているように思います。
by lives-web | 2011-01-20 16:34 | 家族 | Comments(4)

大詰めですよぉ~

d0122640_19581723.jpg

本当に先の見えない建築・・・思い知らされる毎日・・・。
多くの工程が絡み合い、楽しい建築とも言える・・・大変だけれども(笑)
ようやく先が見え、二月中旬には竣工予定。
現在は外構の打ち合わせの真っ最中。

写真はメインの掃き出し。
木製サッシの全開口。
開口間口はなんと6m!
真ん中の「杉磨き丸太」を中心に拝む建具達。
それにしても写真のポイントがまたまた掴みづらく、いまいちかっこよくないですね。。。



通りすがりのおばあちゃんにも褒められました♪
全くの無意識というか、先入観のない意見が頂けるとそれだけで励みになります。
オープンハウスではどれだけの方に見ていただけるか未知数ですが、やはりその評価が気になります。。。
もちろん住まい手さんありきではあるけれど、コチラの方は「太鼓判」をいただいておりますので(笑)

さて、どんな方をターゲットにするか。
マーケティングをしっかりとし、確かな、ブレのないプロモーションを余儀なくされるこの建築。
決して万人受けするはずはなく、受けは良いかもしれませんが、「先」に繋がらなくては意味がなし。
「終の棲家」でもあり、「ダブルインカムノーキッズ(夫婦のみの家庭)」でもあり、もちろん「別荘」にも!
一年以上ぶりのオープンハウスに心躍ります♪
by lives-web | 2011-01-18 20:10 | 真岡市 E家の住み処 | Comments(0)

白華現象

d0122640_11124156.jpg

こちらは「外壁」の仕上げ表面部の写真。
うっすらと白っぽく斑になってるのが見て受け取れますでしょうか。
こちらの症状は「白華」と呼ばれる現象で、冬季の施工の際に見受けられます。

要するに気温が低いために起こる現象(今回の例の場合に限る)で、北側に発生してしまった。。。
ちなみに「鍾乳洞」なんかの現象もコレに当たります。

そんな時はコチラを使います!
d0122640_111729100.jpg

ご存じ「サンポール」です!
小学校の時に塩素系の洗剤と混ぜて、有毒ガスを発生させて喜んでいたのを思い出します(笑)

この白華が生じたときには「酸洗い」が有効で、容易に手に入れられる酸がこのサンポール。
1:1で希釈して使用します。

それにしてもこのサンポール・・・通常版と比べるとお化けみたい...。
「誰がそんなに使うのだ?」と思ったら僕でした(笑)
実は建築関係者に支えられている面があるかも知れませんね!
通常のボトル版はなんと売り切れでしたから。

ホームセンターの流通関係者からしてみれば冬季にやたら出荷される「サンポール」が不思議でしょうがないかも知れないが、答えはココにあるのだ(笑)
by lives-web | 2011-01-17 11:25 | 真岡市 E家の住み処 | Comments(2)

5年に一回の管理建築士講習

設計事務所の建築士代表が「管理建築士」。
すなわち、「建築士」の資格がなくても「設計事務所の開業者です。」と簡単に名乗れる。
経営者と管理建築士が別である事が可能なのだ。
一般の方からすると、そういわれてしまえば「この人は建築士なのだな」と思わせられる。
実際に有名な設計事務所を“経営”されている方が「無資格」であるなんてことを聞いた事がある。
なんともおかしな話である(笑)



資格なんてモノは「形式」ではあるものの、難関な国家資格である事に間違いない。
ただ、「資格」があるから良い設計が出来るとは限らない...当然に。
ではなぜ資格があるのか。
資格を取得するための勉強で知識を身につけ、それ相応の適任者であるかを「試験」で判断する。
常識人や有識者であるかは決して問われる事がない。

僕にとっての資格とは「箔」でしかない、正直に。
1級建築士でも2級建築士でも仕事の実力に代わりはないはずであるから。
だから「1級建築士のスタッフが設計を・・・」なんて言葉は決して当てにならない!
とはいえ・・・である(笑)
やはり業界人にとってなんでも「1級」の資格は基本的に“絶対”なのだ。
この業界に携わる人間にとっての「ケジメ」であると僕は思う。


d0122640_1645789.jpg

なんだか前置きが長くなってしまいましたが...(苦笑)

今回の「管理建築士講習」で感じた事は、やはり「責任の重い仕事」であることを再認識させられましたね。
内容的には、技術的な講習よりも、「モラル」の議題が多く上がっていました。
「建築士とはなんぞや!」的な。
例の耐震偽装問題からの建築に対する法改正の数々。
今回の定期講習もその一環。

正直講習なんて面倒だし、意味などないとも感じていましたが、やはり「責任ある仕事」を認識させる上ではとても重要なのかも知れません。

最後にはちょっとした試験もあり、地味に難しく若干焦りましたが、現役バリバリである僕にとっては楽勝(笑)

余談ですが、僕をご存じの方がいらっしゃり「若いのになかなか設計上手いよ!」とお褒めのお言葉を頂き励みにさせていただきました♪
30年近く現代数寄屋を中心に活動されている方でした。
大先輩にお声掛けしていただくのはとても気持ちいいですね(笑)


今度は「建築士」自体の定期講習...ん~面倒くさい(爆笑)
by lives-web | 2011-01-15 16:06 | 建築談義 | Comments(2)

予定は未定...

未だに事務所は未完...というか工事すらしていない(泣)

現在「E家の住み処」が佳境。
そちらの工期は守らなくてはいけませんからね...ただでさえ工期延長させていただいているのに。。。
やはり新しい事を試みるときは工期に余裕を持たなくてはいけませんね。
まだまだ「監理」の甘さが冬の寒さと共に身に染みます。

d0122640_17262511.jpg

こちらはガランドゥになってしまった「旧事務所」。
本当にいろいろな思い出が詰まっていました。
改めて写真を眺めてみても、自分なりにとても使いやすく、居心地の良かった事務所。
苦楽をともに過ごした遠い記憶。

過去に引きずられることなく、新たなステップアップと行きたいところですが、行くところがまだない(笑)
通常業務は難なく行えていますが、次のプロジェクトの構想が練りにくい。
これも試練なのかな。。。
by lives-web | 2011-01-12 17:35 | アトリエ | Comments(0)

誕生日には花束を♪

d0122640_2016777.jpg

今日は嫁様のお母様のウン回目の誕生日。

普段からお世話になりっ放しなのに、せめてもの気持ちをプレゼント。

でもイタリア人じゃあるまいし、お花屋さんで花束を注文するにはちょっと勇気いります。
しかも姿形からラッピングまで細かく注文を付ける、、、。

キザですかね・・・キザですか・・・。

お母様@
いつまでもお元気で♪
by lives-web | 2011-01-10 20:19 | 家族 | Comments(0)

家具からの家具そして家具...

こちらのお宅は壁・天井・床はもちろんの事、家具やら建具やら開口やらの「絡み」が本当に多く、施工の順番を段取りするのが一苦労。。。
ちなみに「絡み」とは...Aが決まらないとBに行けず、Aが出来てもCにはいけない...という感じです。
これがおそらくA~Hくらいまで絡んでくると思われます。
図面描きをしている段階で気付いてはいたのですが、机上の空論でも大変なのに、現場ではそれはもう・・・(笑)
職人さん方に頑張っていただくしかありません!
d0122640_19102025.jpg

ということで第一段的な家具の搬入。
この段階で家具が入るのは一般的な建築現場ではとても異例な事でしょう。
d0122640_19151133.jpg

詳細はまだまだ伏せておきますが(笑)、集成板と集成板とが「トメ(材を斜めにカットし直角に納める事)」で納まっています。
これがいかに難しい事か・・・。
単純に入れればいいと言うものではなく、その「トメ」のラインにも始点の指定位置があり、まして躯体等にくわえさせての保持ですから、納めるのは「知恵の輪」状態。
見た目にも文章的にも単純に思われるかも知れませんので、ここでその苦労をご紹介しておきました(笑)
d0122640_19153361.jpg

こちらはトメの裏舞台。
双方を引き合わせ、捻れや反り、乾燥収縮に備えます。
d0122640_19154622.jpg

こちらは何をしているかというと、乾燥すると透明になる木工ボンドに、先程の集成板をカットした極細かい木屑を練り込ませているの図。
どうしても生じてしまう欠けや隙間に練り込ませ、目立たなくする技法。
木工パテのような商品はあれど、やはり塗装したときに目立ちますし、やはり隠しきれないんですよね。




さて、タイトルの「家具からの家具そして家具...」の意味。
冒頭でも紹介したように、「絡みの絡み」的な要素が含まれています。
要するに「A’」的な...煩雑ですね(苦笑)





ま、答えは竣工してからのお楽しみという事で(逃)

ではまた♪
by lives-web | 2011-01-08 19:37 | 真岡市 M家の住み処Ⅱ | Comments(0)