<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鎌倉の分居/若原一貴/若原アトリエ

d0122640_1837782.jpg


先週は鎌倉まで建築家さんの作品を見学へ行ってきました。

若原一貴/若原アトリエ
※ご本人に許可を頂いて撮影し、写真を使用しております。

最初に彼の作品を見学させていただいた時の印象は「陰のための光」でした。
通常ならば「光」で閉じるところを、その先まで計算する凄みを感じました。
それはこの作品でももちろん共通で、若原建築の「閉じ方」を堪能してきました。

それでは見てみましょう。
d0122640_18365397.jpg


d0122640_19105942.jpg

数少ない開口の中でこれが一番大きいサイズ。
ちなみにサッシの数は7つしかありません!
d0122640_18365121.jpg


d0122640_18364976.jpg


d0122640_18365544.jpg

開口がないのに、その先の「何か」を容易に想像させる光と陰
d0122640_18365792.jpg

この「陰」を出すために枠を幅広に。
d0122640_18365943.jpg

微妙に且つ繊細に織りなす壁が絶妙なコントラストを産み出してくれる。
d0122640_1837133.jpg

でも時には大胆に。
d0122640_1837525.jpg

かわいい鎖樋は「タニタハウジングウェア」の試作品。
商品化を期待します!
d0122640_1837347.jpg

直に建築に触れ、体感し、その想いを直接伺えるのはこの時間を共有した者だけの特権!
写真で建築は語れないのだ。



僕がこの作品で最初に印象を持ったのは「修道院」でした。
どこか修行にも近いほど絞られた開口がそうさせるのでしょうか。
空気感はピリッとしているのに、時間の経過と共に“場”を持てるようになる。
それは決して光と陰だけで構成される単純なものではなくて、素材感やスケール感etc。
それらが絶妙に畳み込まれているのだと思います。
全体の間取りが判るような写真をあえて掲載していないのは、この作品にとってそれほど重要ではないと感じたため。
あくまで個人的な感想であり、間取りによる操作ももちろんあるのですが、僕にとってはあまり重要ではないと感じられたのです。

同じ設計事務所なのに、大先輩ではあるけれど一線上ではやはり「同業者」ですが、あえてこの建築をお伝えしておこうと思います。

まぁでも決してこの作品は一般受けはしませんよ(笑
世の中「大開口信者」と「大空間信者」が大多数ですから...
でも決してそれが悪いと言うことではなくて、あくまで趣味指向の問題ですから、ベクトルなんですよね。
共存共栄が出来れば何よりだとは思っております。
素直に、このような建築もあるのだよ、と思ってもらえれば幸いかと思います。

※栃木で若原アトリエに頼みたい方はご一報ください(笑)





住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-30 19:16 | 建築談義 | Comments(0)

建築家作品の見学

二日連続で二人の建築家の作品を見学出来る機会を頂きました。

鎌倉と千葉

ちょっとだけ時間がありましたので、鎌倉の町を散策してみました。
d0122640_1453733.jpg

江ノ電かしら?
d0122640_14531088.jpg


d0122640_1453541.jpg


d0122640_1453286.jpg


d0122640_1453020.jpg


d0122640_14525478.jpg

お昼は地元の定食屋さんで釜揚げしらす丼♪
わざわざ観光客に混じって行列の一部になる必要はないのだ...むしろこちらの方が美味しい場合もありますしね。

d0122640_1452572.jpg

平日だというのにこの人混み!
紫陽花の時期と言うこともあるそうですが、鎌倉は安定の人気なのですね。
結婚前に来て以来ですから、10年ぶりかしら?
栃木から乗り換えなしで来られるのですから、今度の家族旅行は鎌倉で決定?


d0122640_1442727.jpg

さて、本題の建築家作品の見学

若原一貴/若原アトリエ

光を取り込むために開口を設けるのが一般的だとしたら、陰を作るために開口を設ける手法の建築家と解釈しています。
後ほど詳しく紹介させていただきたいと思います。
僕は建築の評論家でもありませんし、ましてや同業者ですから(笑)、素直な感想を述べたいと思います。

d0122640_1442992.jpg


田中敏溥建築設計事務所(田中工務店施工)

なんだか変な写真が撮れてしまいました(笑
モデルがあれだからでしょうか...
こちらは公開いたしません。



建築はやはり体感しないと。
空間に身を置いて、自身をその空間に溶け込ませてみる。
そうすることで理屈ではない、精神性みたいなものが理解出来るのだと思います。

二棟とも最高に素敵な空間でした。
両名には見学の機会を頂き感謝しております。






住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-27 15:22 | 建築談義 | Comments(0)

最強のTKG!

とある某所のとあるガレージの増築。



VWの旧い仲間なお宅のガレージ。
中身はやはり貴重な車やバイクばかり!

だがしかし、県外のため職人さんの手配がなかなかうまく行かず...

とりあえず打合せだけは進めていきます。

まずは入庫される車から...
d0122640_21102246.jpg

え?w

どっちが本筋の趣味でしょうか?笑
タバコの大きさと比較するとその大きさが・・・
d0122640_21101586.jpg

どうやらFIAT社公認のバービィーちゃん!

車好き共通のミニカー収集癖もあるため、そちらも入庫予定。
ディスプレイにおいてはまぁ~さんのセンスにお任せしましょう♪

さてお昼ご飯...
d0122640_21103535.jpg

お宅よりもだいぶ遠いけれど、共にラーメン好きなのでドライブがてら♪
いままで食べたどのつけ麺よりもあっさり?でも味わい深い?少々の酸味が後引くスープ。
そしてもっちりしたちょうどよい太さの麺が相性抜群!
さらになんといっても!?
d0122640_21103122.jpg

ラーメン屋で食べる最強の「TKG」!
そう、卵かけご飯!!

TKGも本気で作るとこうなるんだなと。
毎朝こんなご飯出されたら確実に太る(笑
それにしてもうまかったなぁ♪



と、なんの打合せに伺ったのか、何がメインだったのかよくわからず(笑)







住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-23 21:30 | まぁ~さんのガレージ | Comments(0)

進捗状況.9

ようやく先が見えてきました「Vermeer Ray」。

後はリビングを残すのみ。
今月中には大工さんがどうにかなるかな?といったところ。
木製サッシの開口が残っているので、一番手間はかかるのですが。


さて、完成見学会では決して見えない、構造見学会でも見えない下地の話。
d0122640_17131212.jpg

こちらは引き込み戸の壁下地。
「引き込み戸」とは、壁の中に建具を収める手法で、壁の凸凹がなくなるので重宝しています。
しかしその納まりには壁仕上げに影響してきますので、慎重に行います。
すべて仕上がってしまうとなんてこと無いので、大工さんとしては苦労の跡が見えないと...笑
d0122640_17131557.jpg

音楽室のため二重窓。
仕上がりはやはりなんてことなくスッキリですが...
d0122640_17131789.jpg

枠を支えるのに様々な補強を施しているのがお解りいただけると思います。
こちらはリビング側ですが、壁を張ってしまうとまるで見えませんから、やはり大工さん的にはかわいそう?笑

個人的にはやはり、「ドヤッ!」と表すような表現の建築は好みません。
なんとなく、サラッとした、けれど確実に。
虚勢を張るのではなく、品格を備えた建築を目指したいですねー。





住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-17 17:25 | 那須烏山市 Vermeer Ray | Comments(0)

BonMarche100人展Vol.8 x ウチミセマイホームフェア:レポート

d0122640_1015533.jpg


日曜日はBonMarche100人展Vol.8 x ウチミセマイホームフェアに出展してました。
作家さんの皆様、同業者の皆様、メーカーの皆様、そしてseedersの皆様、大変お疲れ様でした!

梅雨の晴れ間どころではなく晴れましたね-♪

来場者の方々の笑顔が「成功」を物語っているように思います。
毎度毎度レベルが向上し、イベントとしての完成度が高まっています。
これだけの人を集められたらさぞ気持ちいいのでしょう(笑
それまでの苦労は計り知れませんが...



さて、弊社のブースは「センスの良い扇子」でお出迎え。
アンケートにも快く記入して頂きました。
OB様が何人もいらしてくださり、作家さんとも仲良くなり、同業者様からはわざわざ挨拶にお越しくださり「いつも拝見しています!」と励まされ、出展者の割には大変有意義で楽しい時間となりました。
そして弊社がブースを構えていることを知った初見のお客様とも出会うことが出来ました。
ホント、様々な「出会いの場」となっているのだなと実感させて頂きました。

だがしかし、やはり疲れた...今日は疲れが残りまくり...
と、弱音を吐いていられるほど暇ではなくなってきたので頑張ります!

d0122640_1015954.jpg







住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-16 10:33 | イベント | Comments(2)

BonMarche100人展Vol.8 x ウチミセマイホームフェア(宇都宮市)

今度の日曜日、6/15には「BonMarche 100人展 Vol8. xウチミセマイホームフェア」に参加します!

d0122640_1913328.jpg



詳細はコチラ↓↓↓
http://www.bonmarche100.jp/bonmarche/100.html

去年に続き二回目。
エンドユーザーが、しかも作家志向の強い方々に出会えるので、マーケティング的には最良(笑)
たくさんの出会いを楽しみにしております♪

さて、今回も作品写真のパネルや模型の展示ですが...
アンケートご記入の方にはもれなく!
センスの良い扇子
差し上げます♪
d0122640_18505182.jpg

しかもリバーシブル!
d0122640_18505448.jpg

決して上等なモノではありませんが、お使い頂ければ幸いです。

※商品紹介の写真撮影が凄い苦手だと気付くw笑
 まるでニュアンスが伝わらない...




さらに、先日都内の文房具屋さんで可愛いカタログスタンドと出会いました。
d0122640_1857202.jpg

アンケート用のバインダーなんぞも。
d0122640_18572227.jpg

RED×BLACKの安定感が好きです。

↑ちなみに二点は差し上げません...笑



それでは当日お目にかかれるのを楽しみにしています♪



住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-13 12:00 | イベント | Comments(0)

始動!

無事設計契約を締結。
年内の竣工を目指して鋭意実施設計中。

d0122640_16485797.jpg


今回のテーマは「amichevole casa ~やさしい家~」
何が“やさしい”のか。
それは同居するお母様を意識した設計であるため。

単に「バリアフリー」であればいいのか、温度差がなければいいのか。
設計者にとって出来る本当の「フリー」を模索してみました。


d0122640_18174950.jpg

また、今回特徴的なのは「太陽光パネル」の搭載。
特徴的で特徴の無い外観はそのため。
最初の面談時に「太陽光を10kw載せる」をコンセプトにと、住まい手さんが掲げられました。
課題は多いですが、“挑戦”のし甲斐がある設備です。

d0122640_18115440.jpg

珍しく?吹き抜け。
意味の無い大空間は好みませんが、理屈はきちんと通します(笑


多少“木の家なりの演出”をしますが、おおらかな空間を目指します。







住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-12 18:23 | 栃木市 amichevole casa | Comments(0)

写楽

そういえば最近建築的な話が...汗
次回は現在実施設計進行中の物件を紹介しましょう。
なんのためのブログなんだか...笑



さて、昨日の続きです。
ようやくコツを掴めてきて、マニュアル撮影にも馴れてきました。
被写体が良いと撮影も楽しいですね。
その被写体の「存在意義」を引き立たせるのも写真の魅力の一つではないでしょうか。
ですが、その“ポイント”を掴むのが難しかったり、単に魅力的な部分を収めても意味のない写真になってしまうように思います。
空気感を切り取るような、そんな写真を撮ってみたいですねぇ-。

d0122640_1013341.jpg


d0122640_1013189.jpg


d0122640_10124676.jpg


d0122640_10122575.jpg


d0122640_10122346.jpg


d0122640_1012216.jpg


d0122640_10121922.jpg


d0122640_10121712.jpg


d0122640_10121583.jpg


d0122640_10121215.jpg


d0122640_10121049.jpg


d0122640_1012895.jpg


d0122640_1012622.jpg


d0122640_10115827.jpg


d0122640_10115565.jpg



こうして公開することは完全に自己満足ですが(笑)、見てもらうからには恥ずかしいモノは見せられない!
必然的にプレッシャーになって腕も上がってくれるといいのですが...?
まだまだ修行は続きます・・・
by lives-web | 2014-06-10 10:26 | 車・バイク | Comments(0)

Which one...?子供の運動会or大人の運動会

例年よりも早く梅雨入りした関東地方。


基本的に晴れ男な僕。
雪山ですら8割方晴れ!
そんな僕でも土曜日の雨は回避出来なかった...
メインの予定は「子供の運動会」だったのだ。
しかしその裏にはツインリンク茂木サーキットでの「大人の運動会」が控えていた。
もちろん大人の~を優先するわけにはいかなかったのだけれど...

d0122640_10545041.jpg


雨で子供の~が延期になってしまったのなら仕方あるまい?笑

もちろんこちらも雨ではあるけれど、車は雨天決行。
さすがに台数は少ないですが、写真撮影に勤しんで参りました。
前回のUPが意外と好評だったので調子に乗ってみます(笑
d0122640_1133821.jpg

現在では手法の違う“バイアスタイヤ”。
たかがタイヤ、されどタイヤ。
ここが現代タイヤではオーラが消滅してしまう。
もちろんそんな事を意識するまでもなく“当たり前”なんだけれども...
d0122640_10551790.jpg

ウーズレー(イギリス)
漆黒とメッキが妙な気品が溢れていた。
お気に入りの一枚!
d0122640_10545771.jpg

決して実用だけでなく、「美術品」としての価値もあるヴィンテージカー。
当時の車の価値はそれに値する。
ちなみに戦前。
d0122640_10543970.jpg

珍しく“同乗走行”も体験。
友人のジュリアスーパー。
このメモリアルランには常に一緒に出場しているため、朝一に行われるドライバーズミーティングで「今日は相棒はいないの?」と・・・いつの間にかコンビらしい(笑
d0122640_11134815.jpg

このハンドルでエンジンを掛けるのだ。
今の車と戦前の車で基本的な構造は何も変わっていない。
極端ではあるけれど、ただそれらが電子化されたかどうかだけ。
d0122640_10543480.jpg

「今日は走らないの?」
 「え?走ってもいいんですか!?エントリーしてませんけど?」
「走りたいでしょ?どうせヘルメットとか一式持ってきてるんだろうし」
 「ではお言葉に甘えて...♪」

偶然...走行用具一式(グローブ・ヘルメット・レーシングスーツ・シューズetc)も揃っていたので結局楽しませて頂きました。
雨でコーナーなんてグリップせず、滑らせる感覚を学んできました。
d0122640_10543214.jpg

エットーレ・ブガッティ(フランス)
d0122640_1054252.jpg

アミルカー(フランス)
d0122640_10542723.jpg

ウーズレー(イギリス)
d0122640_10542323.jpg

アルファロメオ(イタリア)
d0122640_10542264.jpg

ジャガー(イギリス)
ボンネットがこのように開くのです。
ものすごくフロントノーズが長い!
美しいと思える車の一台です。
d0122640_10541921.jpg

上記の内装。
単に高級ではない気品がある。
d0122640_1136685.jpg

何度も参加させて頂いていますが、このピットの空気感は飽きることなく心地が良い。
僕みたいな常人が決して踏み居る事が出来るような身分ではないのだけれど、これも“出会い”の賜。
社会的地位はスカイツリーよりもはるか高いけれど(笑)、車を前にしたら僕らは仲間。
まさしく「大人の運動会」なのだ。
d0122640_11441469.jpg

こんな光景、日本ではここでしか見られないかもしれない。
え?総額ですか?
サラリーマンの生涯年収何人分でしょうかね?w

でも決してお金で買えるモノではなく、男のロマンとはこのこと。
決して車を手に入れることは出来ないけれど、時間を共有出来ることがどんなに幸福なことか。

お金があるからヴィンテージカーが買えるモノではなく、それは巡り会い。
手に入れたからといって維持出来るわけでもなく、それは信頼関係。
乗ったからと行って満足出来るかと言えばそうではなく、それは仲間がいるから。

ヴィンテージカーとの出会いはただの偶然は決してない。
常人では考えられないほどの“努力”をしたものだけが得られる称号なのだと思います。
だがしかし、この場に溶け込むことによってそんなことはどうでもよくて、楽しんだもん勝ち!
互いに引き合った運命は地位や名誉や年代を軽く超えてくれる、車とはそんな魅力もあるのです。






いかがでしたか?
まだ写真が残っているのでまた次回UPします♪
by lives-web | 2014-06-09 12:00 | 車・バイク | Comments(0)

他愛もない日常

普段から声を掛けられることが多い方かも知れない。

正直あまり風貌が良い方ではないので、本来掛けづらいのではないかと思うのだけれど、常にキョロキョロしているので目が合うことが多いのだろう。
※この“キョロキョロ”は挙動不審なのではなく、何かを「発見(情報収集)」するため!

d0122640_17191130.jpg

こんな車に乗っているのだから、好きな人からすれば声を掛けないわけにいかないのは理解する。
僕もついついしていまう...
大通りで信号待ちをしていると、上方から声がするなぁーと思ったら「バスの運転手」だったり。
やはり信号待ちで暴走族がたくさんいるところで遭遇すると、興味津々で「なんつー車っすか!かっこいいっすね!」と来る。


基本的に自己分析する限りでは、「人見知り」だと思っている。
けれど、先日友人とその話をしていると
「キミのそれはただの人嫌いであって、人見知りとは違う。単に好き嫌いが激しいだけだ!」
ぅ...
返す言葉がこれしか見つからなかった(笑


先日の町場での出来事。
d0122640_17193184.jpg

●勉強会後のBARでの出来事。
勉強会や先輩からのアドバイスなどを受け自分のキャパを超えてしまい、それらを自問自答して整理しようと思い、宿近くのBarへ一見さんでふらり。
しかしそこのバーテンダーさんがよくしゃべる...まずそこでくじけ結局会話が弾む。
しばらくするとだいぶお酒が浸食したお姉様(30中頃?)が来店。
常連さんらしいが、「なんだぁ~兄ちゃん!隣空いてるんか~?」い、いえ...
結局旅行の話を一方的にしてたのかな?
帰るタイミングを失っていたのだけれど、お手洗いに行っている最中に居なくなっていた。
お会計はしっかりと残したまま...

●仕事で訪れたBAR
マダム。
おにぎりの話で盛り上がり、山形産の「つや姫」を勧めておいた。

個人的にBarは静かに佇みたいのだけれど、どうしても人間観察をしたくなってしまい、声を掛けるタイミングを与えてしまうようだ。
とはいえ、そういった一期一会が醍醐味でもあるし、なんだかんだと楽しい時間が過ごせるのですけどね♪



後は夜の繁華街を歩いているとキャバ●ラのキャッチはもちろん、ソ●プで「良い子いるよ!」って、本当に言うんですねw笑
極めつけは易者。
「良い眉毛してるね!」、お礼を言うと「もっとみてやるからおいで!」・・・
危うく吸い込まれるかと思うくらい自然だった。。。




ここ最近の出来事。
人生がまた潤ってきたように思える瞬間でした(笑)




住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-06 17:51 | 雑談 | Comments(0)