<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

線の重み

現在設計中の新しいプロジェクト。
なんだか新しいプロジェクトが着々と増え、一切着工にありつけず...
おかげで図面描きが蓄積されております。
もちろん僕のせいだけではなく(笑)、着工時期であったり、申請関係であったりするわけですが。

さて、そんな新作は「終の住処」という主文を与えられております。
また、ミニマムにローコスト。
まさしく「限界への挑戦」となるわけです。

詳細につきましては、プレゼンが成功してから書かせて頂きますが、今作で特に気になったのは「線の重さ」。
現在の提案では、平屋で13.5坪。
比較的子育て世代が多かったですし、20坪を切る設計は初めて。
ましてやお題目的にも制約が多く、小さくせざるを得ない。(そちらの方が好みではありますが)
単純に設計をしている分にはさほど気にならなかったのですが、まとまって行くにつれ疑問符だらけ。
どうにもプロポーションがまとまらない!!

それは「小さい」が故の過ちが多いのです。
空間的におおらかであれば、多少の崩れは寛容なのに、ミニマムであるとそこは一変。
寸分の狂いも許してくれない!!
もちろん“セオリー”なんて通用しません!!
うちの事務所でもある「citta di garage」を設計したときよりも、遙かにペンを走らせたでしょうね。

小さいければ設計量は少なくなるのか、大きければ設計量は多くなるのか。
まるで逆なのですね。
改めて、「線の重さ」に気付かされた仕事でした。
だがしかし、皮肉にも、「量」と「料」も確実に反比例ですが...笑

この話はまた、実施案を交えて出来ればなと思います。

d0122640_17272256.jpg


ちなみに日光連山を望める土地。
あえて写真をパノラマにしたことにも、設計の意図が隠されているのです。
さて、住まい手さんにお気に召して頂けるといいのですが。



CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → master@lives-web.com
by lives-web | 2015-02-27 17:55 | Rabbit hutch | Comments(0)

木の製材所見学

今回お邪魔したのは、日光市にある「田村材木店」。

特段、木の家に拘っているわけではありませんが、主に使う素材は木。
シックハウスがどうとか、自然素材だからどうとかではなく、あくまで“デザイン”の観点から使用しています。
見た目の柔らかさ、光の吸収具合(反射具合)、精神性云々。
それが結果的に...必然的に、といったところでしょうか。

いずれの観点にせよ、やはり木が好き!!
いままで、製材されたモノしか見てきませんでしたが、今回初めてその製材所へお邪魔してきたのです。
d0122640_15471512.jpg

d0122640_15472819.jpg


実に興味深く、益々木が好きになる、そんな感想を抱きます。
また、極力「県産材」を使用したいという気持ちが強くなりました。
地場の活性化はもちろん、産業、技術という観点からも、残すべきモノであり、継承していかなくてはいけません。

さて、写真でその様子を。

材木には天然乾燥と人工乾燥の2点があります。
ちなみに、乾燥をきちんとされていない材木は、狂いが生じてしまい、納まりが悪くなってしまいます。
d0122640_15475998.jpg

木材の乾燥に使用する石油ボイラー。
d0122640_15473372.jpg

こちらも同じくボイラー。

d0122640_1547319.jpg

d0122640_1632076.jpg

廃材となった木材を燃やしてお湯を沸かし、その蒸気を利用して乾燥に用います。
大きさがだいぶ違います...石油、恐るべし。
d0122640_15475684.jpg

木の皮を剥く刃。
d0122640_15475363.jpg

d0122640_15475188.jpg

木をカットする刃。
d0122640_15474866.jpg

ベルトになっているのです。
d0122640_1547454.jpg

一本の丸太から、様々な種類の建築材へと加工されます。
d0122640_15473963.jpg

材木屋さんらしい、天然乾燥用の大屋根。
架構が何ともダイナミズム!!
d0122640_15473693.jpg

乾燥具合をきちんと管理。



なお、こちらの製材所にて、4月頃を目安に見学ツアーを行うことになりました。
一般の方はもちろん、プロの方でも、無制限に幅広く募集いたします。
ご興味のある方は是非!!

初めての経験でしたが、とても興味深く、楽しい見学となりました♪
もっと多くの方に、「木のお仕事」を知って頂きたく思います。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → master@lives-web.com
by lives-web | 2015-02-20 16:11 | 建築談義 | Comments(0)

ちょこんベンチ

お次はベンチを作ってみました。
d0122640_1051787.jpg

テーマは「草むらにちょこんと置いてあるベンチ」です。

それ自体が主張することなく、あくまで“ちょこん”という機能を持ち合わせればよし!!
鉄筋を曲げて、それに板をくっつけるという、仕組み自体も極シンプル。

ちょこんと置いて、ちょこんと座れる。
当たり前のことを、美しく。
春の野芝にぴったり似合うと思います。

d0122640_1051643.jpg


d0122640_1051241.jpg


d0122640_10511315.jpg


ちなみに、脚の鉄筋がプロダクトですから、お好みの天板でどうぞ。




CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → master@lives-web.com
by lives-web | 2015-02-16 11:00 | オリジナル家具 | Comments(0)

FIAT cafe

普段のカフェがFIATcafeに変身!!
イタリアの自動車メーカーである「FIAT」が、fudan cafeを貸し切ったイベント。
d0122640_12155965.jpg

d0122640_1216116.jpg

国産はもちろん、他の外国車メーカーもここまではやるまい。
こういう小粋な遊びができるのは、イタリアメーカーならでは。
FIATという、ブランドイメージが成せる技なのであろう。

d0122640_12153590.jpg

店外にはもちろん...
d0122640_12155110.jpg

d0122640_12155337.jpg

店内もちょこっとデコレーション。
d0122640_12155657.jpg

カプチーノから...
d0122640_12203518.jpg

ランチプレートまでFIAT一色!!


もちろん?車仲間で押し掛けたのは言うまでもない。
d0122640_12154796.jpg

仲間の車を並べただけでもショールーム化。
しかしまぁこれだけみんな乗ってるものだ(笑)
ファーストはもちろん、セカンドカー、奥様の車など、みんなFIAT・・・そろそろうちも???
d0122640_12155068.jpg

車を眺められるこのcafeは、普段からもおすすめです。
d0122640_12153924.jpg

d0122640_12153722.jpg

新旧ロゴの見比べ。
ちなみに現行の500(車名)は、昔のチンクエチェント(nuova)をフィーチャー。
衝突安全基準やらなんやらの法律で、だいぶぽってりしてしまったけれど、愛嬌は昔も今も変わらず。


イタリアデザインはこれだから好き。
“モノ”を売るのではなく、その“モノのある生活”を提供してくれる。
決して日本の企業にはできない業であろう。
見習うべき姿勢かも知れません。





CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → master@lives-web.com
by lives-web | 2015-02-11 12:35 | 車・バイク | Comments(0)

想像の限界

デザインにせよ、設計にせよ、結果ぼくらは「妄想族」であるし、そうあるべきだと思うのです。
とある空間に身を置いたとき、居心地の良さを感じたり、悪さを感じたり、違和感を感じたり。
その際、一人なのか、デートなのか、宴会なのか、パーティーなのかによっても、その空間の捉え方は当然変化します。
その変化を敏感に感じ取り、具現化し、表現へと導く。
建築の世界においては、これが第一歩だと思うのです。
何かしらの実体験を持ってからして、筆は走るのだと。

先輩方に言われているのが、「本物の建築を体験しろ」と。
それは、コピーをするということとはまるで違くて、その体験を自分の感性のフィルターを通して、「己の表現」として“さらに”生み出せということ。
だけれども、「真似をする」ことが決して悪ではなくて、真似をしたことで見えてくる世界もあるから...とは先輩方の弁。
兎に角、「論より証拠」、「写真より空間」なのです。



さて、だいぶ話が逸れてしまいましたが...
d0122640_1518555.jpg


d0122640_1518339.jpg

上記2点の写真は、南面の窓の高さ関係の調整中。
角度が30度程度振っているものですから、図面上の平面的な線では、想像の限界に達します。
まるで自分もミニチュアにして、その窓越しに見える景色の“妄想”を容易くしてみよう、というのが狙い。

見えます見えます...

・キッチンに立つ奥様からの景色
・座した時に望める木々や空
・窓の重心に伴う空間の変化
・外観のプロポーション
・施工上の納まり(笑)
・隣の部屋の窓へのつながり感
・腰窓に寄り添って座る?座りたくなる?座らせたい?





妄想はまだまだ続きます...

d0122640_15181184.jpg





CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → master@lives-web.com
by lives-web | 2015-02-05 15:27 | INDY HOUSE(雑木林の家) | Comments(0)