<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地域に沿った建築を考察する_1

カタチあるものには時代に沿った流行が必ず存在する。
燃費の良さを売る車、省エネ性を謳った家電、性能を持った住宅...云々。
デザインにおいて昔は角張ったものが多く、現代では丸みを帯びたものが多く見受けられる。
それは世間のトレンドや行政の力が大きい。
行政によって一定基準の数値が設けられ、その基準をクリアしなければ商品として認可されない。
その数値は環境性能であったり、安全考慮であったりと、様々な数値が設けられている。
時には不条理な縛りが見受けられることもあるのだけれど、さすがにお上には逆らえない(笑)
商品としてのカタチには一定のルールがあるのだ。
しかしそのルールのある中で試行錯誤、模索するのもまた技術者として腕の見せ所である。

そのルールが時に基準となる。
いわば「最低ライン」なのだ。
クリアしていればそれは確かに商品として認められるけれども、消費者に認められるか否かはまた別問題。
いかにそのラインを、どこまで超えられるかが本当の技術者としての勝負。
相手が10行けばこちらは11・12・・・と、皆が切磋琢磨して今日のルールとして存在しているわけである。

だがしかしである!!笑

僕が常々思っていることを吐露してしまうと、数値だけで物事を計れるのか?ということ。
確かに数値は嘘をつかない。
けれども、それがすべてではないと言いたい。
例えば車で例えてみる、建築屋だけれども(笑)
d0122640_21065652.jpg
低燃費を謳ったステッカー


いかに燃費の良い車であったとしても、デザインとして破綻しているような商品であれば販売実績の数値としては伸びないであろう。
商売は売れなければ意味がない。
お上の決めたルールばかりを追い求めているだけでは、商品の“魅力”が欠如するのだ。
では何が必要か...つまりはバランスなのだ。

例えばここに燃費が低下するパーツがあるとする。
だけれどもそれは女性ユーザーにとって必要不可欠なものだとする。
もしそのパーツがなければある特定の層のハートはキャッチできないであろう。
だとすればそのパーツは付けるべきだ。
それがこの車を買う決定打となる魅力となり得るのであれば。

結局商品は「魅力」がなくては売れない。
数値も、デザインも、アイデアも。
ユーザーに呼応する魅力をどこに設定するか。
ここからが我々の使命となる。

...続く



と言った具合に、デザインや数値化に対する自身の思想を整理するためにも、連載形式で配信していこうと思います。
着地点としては、ノウハウをひけらかす事が目的ではあらず、あくまで脳内整理です。
それと同時に僕の考えを少しでも垣間見て頂ければと幸いです。

相変わらず不定期ではありますが...苦笑
次回は「ブランディング」について書いていこうと思います。









住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp



by lives-web | 2017-01-30 21:08 | 段段段 | Comments(0)

人の繋がりがデザインを生む

人は会うべきタイミングで会うとは言いますが、まさしく、だと思います。

僕の中のデザインは、ゼロから何かを生み出すことではなく、オマージュして生み出すタイプ。
何かにインスピレーションを受け、自身のフィルターを通して生まれることが多いのです。
建築の指向性から言っても、基本的には温故知新。
旧いものが好きで、先代の建築物や先駆者から影響を受けます。
表面的なカタチを真似るのとは異なり、時代背景であったり、精神論であったり、感性であったりするけれど、それが恥だと思ったことはありません。
そこに感覚としての気付きが必要なわけですから、同じ影響を受けたとしても似て非なるものなのですよね。
最近は悟ったのか、凝り固まったのかは判りませんが(笑)、だいぶ指向性が強まったと思います。
そんな折に会う人たちは皆刺激的で変人ばかり。
そうこうして出会いを重ねるたびに、建築デザインを昇華させていくのでしょうね。

d0122640_15364223.jpg
6th Ave. storehouse
そんなタイミングで会った彼、すっごい仲良し!!笑
とてつもなくたまらないヴォリュームの大谷石造り。
国内外問わず、昭和初期当たりの家具や雑貨を取り扱っております。
今回は美容室のカウンターと照明と雑貨少々をお願い。
「こーんな感じの!!」で通用するから良い。
たわいもない話ばかりが毎回飛び交うのですが、それがまた心地よかったりします。
お時間ございましたら是非お店に足を運んでみてください。



出足からこんなスパンのブログで申し訳ありません。。。
今日からもう少しマメに・・・週2程度で・・・あげたい!







住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp






by lives-web | 2017-01-23 15:45 | 建築流儀 | Comments(0)

お詫び

ご指摘を頂き発覚いたしましたメール受信の不具合が復旧いたしました。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありません!!








by lives-web | 2017-01-13 20:04 | 雑談 | Comments(0)

思い出までリフォームしない

「まるで新築みたい!!」的なリフォームは好ましく思いません、個人的に。
せっかく経年した住まいの歴史を払拭するのは、今までの住まいを否定するような行為。
敬意を払いつつ、これからもお世話になりますよ、と言う姿勢を持ってリフォームに臨みたいもの。

今回のリフォームは間取りを変えたりといった大型のものではありませんが、なかなかのヴォリューム。
中古物件を購入して転居する際のリフォーム。
これもひとつの住宅取得方法かと思います。
ストック住宅の運用が問題視されて久しい昨今、このようなケースが益々増えるのかも知れません。
なお、中古物件の購入を検討されている方は事前相談も可能です。
お気軽にどうぞ!!
d0122640_22152603.jpg
リフォーム前
リフォームの現場は新築とは大違い。
机上では通用しないことが多く、現場での即時判断が求められます。
新築当時の職人さんの仕事との対話と言えば格好は良いですが...笑
職人さんとのスピーディーな掛け合いが癖になり、己の知識と経験が試される場面です。
僕はリフォームから建築を学んだと言っても過言ではありませんから、脳内フル活用です。
幸いにして良い仕事をしてくれていましたので、今のところ目立ったイレギュラーはなし。
このまま進んでくれることを期待しています。
d0122640_22145408.jpg
釘の打ち方ひとつでも手仕事のレベルが窺い知れます。

年が明けて2週間弱。
ようやく建築熱が再燃して参りました(笑)
今年も勢いは止まりません!!






住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp




by lives-web | 2017-01-12 22:38 | リフォーム | Comments(0)

_あけましておめでとうございます_

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年はスロースタートで・・・と行きたいのが本音ですが、いきなりダッシュで臨まねばならなそう(笑)
各々現場の無事を確認し、諸々の段取りを済ませて新年は始まります。
だがしかし、年末のスキーで腰を痛め、若干風邪気味で調子が上がらず、元気であってこそパフォーマンスが発揮できるのだと痛感。
皆様もご自愛くださいませ。

さて、そうは言っても時間は流れる。
正月鈍りも相まっておりますが、無理矢理にでも身体と精神を呼び覚まさねば。
ということで現場巡り。

giftbox
大工さん大詰め。
残すは枠入と壁下地、外壁となります。
d0122640_18290797.jpg
階段の窓を地窓に。
壁の面積を稼ぎつつ、光の回折を楽しみます。

d0122640_18302734.jpg
もうひとつ階段?
棟屋(屋上バルコニー)へ行くための階段。
下方へ光を注ぐためスケルトンに。

d0122640_18293659.jpg
左がキッチン、右がリビング。
窓の高さを合わせているのが特徴的。
リビングの天井が屈折して見えるのは・・・

d0122640_18292201.jpg
こういう仕掛け。
普通天井は平が当然...当然ってなんだ?からの発想。
屋根の勾配なりに天井を仕上げるのは一般的ですが、こちらの屋根は片流れ。
下地の段階で方形天井(勝手に命名)という一手間を加えてみましたが、どのような表情になるのか楽しみ。

d0122640_18294390.jpg
こちらは美容室の天井。
ドーム型とすることで、内包される空間を狙います。



最近の作風の傾向として、天井で遊ぶことが多い気がします(笑)
お金を過度に掛けず、大工さんの一手間で空間に変化を与えられるから面白い。
ただし、やり過ぎるとエグくなるので適度に絞りつつ。
来週から別件でリフォームに出向してしまいますが、今月中には大工工事は上がり、来月から仕上げへと取りかかれることでしょう。



それでは、本年も当ブログにお付き合いくださいませ!!







住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp






by lives-web | 2017-01-06 19:14 | giftbox | Comments(0)