明日からお披露目。

どうにか滞りなく...相変わらずのギリギリではございましたが。
前からお伝えしているとおり、明日から住まい手さんのご厚意にあずかり「暮らしの見学会」を開催いたします。

近作は構造表しなどのダイナミズムが特徴的でありましたが、今作はすっきりと。
それでも良い意味での“アク”は強いかもです。

明日のお披露目に先駆け、ちょこっとだけ公開。
撮って出しの写真なのでその辺はご了承を。

d0122640_19252804.jpg
ハッピーアワー(お月様と共に)
d0122640_19254494.jpg
障子越しに西日に照らされた木陰
d0122640_19253729.jpg
この眺めのための窓
d0122640_19253363.jpg
古家具屋さんとのコラボもばっちり!!
クライアントをイメージできる美容室になったと思うのですが...いかがでしょ?



それでは明日のご来場、心よりお待ち申し上げております。



暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp





# by lives-web | 2017-03-10 19:37 | giftbox | Comments(0)

足場も外れてお披露目!!

足場の掛かった状態でも目立っていた当物件。
外せば更にババーンと(笑)

お隣と比べてもミニマム。
なんとも愛らしいカタチになれたと思います。

d0122640_16262347.jpg
車のないこの瞬間はなかなかレア
d0122640_16261454.jpg
外壁が黒ではあるものの、威圧的ではなく、あまり違和感なく溶け込んでいくのではないでしょうか。
緑芽吹くのが楽しみです。

現在は建具屋さん、電気屋さん、左官屋さん、設備屋さんと、相変わらずのオールスター(苦笑)
お披露目にはちゃんと間に合いますのでご安心を。


暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp


# by lives-web | 2017-03-03 16:33 | giftbox | Comments(0)

四方祓いの儀

もう3月、まだ3月、、、時の経過は残酷です(笑)

さて本日は親子屋根の家の「四方祓いの儀」を執り行いました。
工事の安全祈願を願って。

d0122640_19434192.jpg
掛矢(かけや)でエイッと
d0122640_19433870.jpg
3人の子供達で共同作業
子供達も大変に楽しみにしていてくれているそう
d0122640_19433446.jpg
僕らには仕事場でも、子供達にとってはジャングルジム
これもまた思い出
d0122640_19433129.jpg
この木の温もりを忘れないでね

全体のヴォリュームもうまくいっているようで安堵です。
店舗ではあるけれど、だいそれた看板を立てることなく、建築自体がそのお店のアイデンティティになることを願っています。

今作はお店のプロモーションも担っているのですが、アイコン等のデザインがまもなく完成。
備品からレジスターまですべてをコーディネートさせて頂くことにより、統括したイメージを持ってもらえると思います。



こちらは明日から作庭が始まります。


暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp



# by lives-web | 2017-03-01 19:53 | 親子屋根の家 | Comments(0)

床鎮めの儀

先日、床鎮めの儀(通称:地鎮祭)を執り行わせて頂きました。
毎度ながら身が引き締まります。

今回は撮影に力を入れ、カメラ3台体勢で動画と写真と。
住まい手さんにとっても一生の思い出ですし、僕もプロモーションの一環として。

d0122640_12022651.jpg
季節の野菜や魚などはお供えしないスタイル
d0122640_12021181.jpg
鍬入れの儀
d0122640_12020214.jpg
工事の安全祈願も含めて
d0122640_12021519.jpg
...かわいい(笑
d0122640_12015291.jpg
鎮物の中には鍬などを模した金物が入っています。

動画も編集中ですので、仕上がり次第UP予定です。




こちらも佳境です。

暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp











# by lives-web | 2017-02-28 12:14 | 段段段 | Comments(0)

プレゼン成功:夕涼みを楽しむ住まい

忌み嫌われがちな西日。
僕は好きです。

今作の立地条件は高台。
270°程を見渡せるパノラマを備えており、西面に夏は花火大会、北面には日光・那須連山。
残念ながら日射取得を期待できる南面は住宅街。
幸いにして土地の面積はあるので隣地との距離は量れます。
何はともあれこのパノラマ!!
d0122640_12110677.jpg
西面から北面
晴れていれば右手に日光・那須連山

本日、満を持してプレゼン。
d0122640_19260302.jpg
d0122640_12125250.jpg

d0122640_12130527.jpg

d0122640_12125752.jpg
d0122640_12131600.jpg
1F
床組や化粧柱、開口の在り方など、課題は残っておりますが、ベースはこちらで進めます。
d0122640_12131016.jpg
2F


おかげさまで一発OK。
しかも涙付...ここに至るまでの経緯を思い出してしまったそう。
9月からの出会いでしたから、おおよそ6ヶ月の期間を経て。
d0122640_19171132.jpg
中山あかね画伯

コンセプトは作品名にあるように「夕涼み」です。
ロケーション勝ちで設計が始まったようなもの。
と言うより、方向性は瞬時に決まるほど、この眺めに勝る物はない。
後は高台にある故、外観には気を配ります。
丘の上のかわいいおうち、とでも認識して頂けると嬉しいかなと。
外観の色合いも今まで以上にかわいらしく。
高さは平屋のように見える2階建てと言うことで、今まで以上に高さをぐっと抑えます。
2Fの床組 兼 1Fの天井表しとし、木の家らしさが表れることでしょう。
床下エアコンにも挑戦する予定となっております。

最近挑戦続き...楽しくて仕方がない(笑)




暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp







# by lives-web | 2017-02-20 19:25 | 夕涼みの家 | Comments(0)

町の景観に変化あり

「町の景観に変化あり」
家一棟を建てると言うことはそういうことなのだと思います。
昨日までは存在していないものが、こんな大きな物体が一日にして突如現れるわけですから。
一棟一棟がそんな意識をして家造りが行われれば、日本の景観も良くなるのに...なんて。


d0122640_16350146.jpg
ギャラリーコーナーから。
d0122640_16345247.jpg
正面
ネットのおかげで姿見えず。
d0122640_16350943.jpg
側面。

d0122640_16343532.jpg
なんと今回は材木屋さんの依頼で栃木県森林組合認証材を使用しています。
モデルとして記念すべき第一棟目。
ちなみに普段から地産地消で県産材です。

d0122640_16342552.jpg
お金を掛けなくても、ディテールを詰めれば美しくなる。
今作は軒の出が600mmですので、破風は120mmと調整。
厚っこいのはもちろん野暮ったいし、薄すぎれば華奢に見えすぎてしまうし、要は良い塩梅のバランスが肝心。

d0122640_16351984.jpg
仲間の設計者から今作についての懸案事項を早速頂いております。
目の付け所がさすがです。。。
親子屋根の取り合いとなる部分がもちろん谷になるのですが、そこへ集水するため確実に雨漏りの懸念。
事前協議+現場で三人三様(大工さん+板金屋さん+僕)の意見をすり合わせて万全を期します。
もちろん最悪のケースも想定してその対策案も加味しながら。

d0122640_2063345.jpg

店舗の設計もまとまり、外観に沿った渋kawa(渋くてかわいい)な和菓子屋さんの誕生です。
そろそろお店のブランディングもせねば...。







暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp





# by lives-web | 2017-02-14 17:01 | 親子屋根の家 | Comments(0)

「贈り物」という名の住まいの箱

宇都宮市民が知る人ぞ知る“あの”住宅がまもなくお披露目です。
この現場のおかげでアクセス数がUPしたのは言うまでもなく(笑)
是非お時間ございましたら。



暮らしの見学会のお知らせ

_giftbox_
d0122640_22035125.jpg
   10:00~17:00
場所 栃木県宇都宮市
※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



「贈り物」という名の住まいの箱
今作のタイトルにある「giftbox」とは、美の贈り物。
小さな美容室を併設とする住まいです。
美しく着飾り美をお届けしたい、そんな想いから名付けました。
カタチも四角でまるでgiftbox。

自身では珍しく完全箱形住宅。
近年、都市近郊で流行りだしたこの箱形ですが、やはりカタチには意味があるもの。
建築面積を稼ぐには難しい土地柄ですから、必然とも言えるのでしょう。
しかし軒ゼロではなく、創意工夫を加えています。

設計のヒントとなったのは西の斜向かいにある森林公園。
その森に沈む夕陽を眺めたくて。
しかし前面道路はとても通りの激しい宇都宮の大通り。
プライバシーを確保しつつ開放感を得るため、1Fを美容室で店構え、2Fをプライベートに。
窓のヴォリュームや装置、高さで視線を遮ります。
今作はそれぞれ天井に特徴を持たせておりますが...それは見てのお楽しみ。
そんな住まいが、僕からの贈り物です。



お問い合わせ・お申し込み


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp


# by lives-web | 2017-02-10 22:13 | イベント | Comments(0)

これぞ大人の道楽

ようやく本格始動した「garage bianco」。
今作はガレージとシアタールームがドッキングした、いわば弩弓の道楽。
いや、男の鏡とも言える(笑)

本日14:00スタートの打合せが、終いは20:00をまわるという...
縁あって、オーディオやシアター専門で日本屈指のインストーラーの方を紹介して頂き、クライアントと面談。
三人とも車好き(変態級)で、カメラ好きで、映画好きで、音楽好きの趣味人達。
話が尽きるわけもなく、気付けば6時間の長丁場。
にもかかわらず、最終決定したのは春にサーキットで一緒に走りましょう!!って話(笑)

普段やらない(キッカケもない)プロジェクトですが、趣味の延長でもあるわけで、色んな意味でとても心躍ります。
根本的に住宅ではありませんから、建築の概念を一度削ぎ落とし、音の追求を目指します。
インストーラーによるアドバイスによって、シアタールームにありがちな、ガチガチに防音・遮音にすることなく、主に音の反射を利用した空間となりそう。
この方、とてもビッグなお仕事(某王国のアトラクションやあんな有名人のシアタールームなど)をされておられますが、とても気さくで何より仕事に対する姿勢が惚れます。
良いもの・高いものを使うのが最善ではなく、根本的な改善を模索してくれる、そんなプロとしての姿勢も今作で学ぶ機会となりそうです。

さてさて、どんなおもちゃ箱が出来上がるのかしら...


d0122640_21124883.jpg








住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp



# by lives-web | 2017-02-09 21:14 | garage bianco | Comments(0)

設計はやはり住まい手さんと僕の共作

明日、無事にご契約となる「段段段」。
d0122640_22142917.jpg
幾多の打合せを重ね、ブラッシュアップされてきました。
まだまだ打合せは続きますが、住まい手さんの想いと僕のチャレンジ精神がうまく合致した“共作”となりそう。
スキップフロアのような段で空間を仕切るのは初めて。
断熱や気密に対して特に注力を注ぐのも初めて。
ペレットストーブの導入。
置き家具や照明は基本的に住まい手さん委ね。
ちなみに戸袋は模型通り「朱」となります。
こういった色使いをするのも初めて。
後はいつも通り(笑)

こういった試みづくしの建築は初めてかも知れません。
それは住まい手さんの感性による影響。
つくづく、僕自身が好きに建築をデザインしているのではなく、あくまで「共作」であることを痛感します。
例えばすべてを僕に委ねられた建築は、線の一本も、引けないかも知れません。

ちなみに契約書や図面の表紙はオリジナル。
その都度住まい手さんのイメージに合った紙の種類や色、アイコンなどを作り分けています。
こういったところが実は大切だったりしますよね。
気持ちを込めて、すべてを端正に。

d0122640_1530202.jpg

さてさてどんな表情の住まいを見せてくれるのか、今作らも楽しみで仕方ありません。


近日オープンハウスのお知らせが出来そうです。
そちらもまたお楽しみに!!






住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp



# by lives-web | 2017-02-03 22:46 | 段段段 | Comments(0)

地域に沿った建築を考察する_1

カタチあるものには時代に沿った流行が必ず存在する。
燃費の良さを売る車、省エネ性を謳った家電、性能を持った住宅...云々。
デザインにおいて昔は角張ったものが多く、現代では丸みを帯びたものが多く見受けられる。
それは世間のトレンドや行政の力が大きい。
行政によって一定基準の数値が設けられ、その基準をクリアしなければ商品として認可されない。
その数値は環境性能であったり、安全考慮であったりと、様々な数値が設けられている。
時には不条理な縛りが見受けられることもあるのだけれど、さすがにお上には逆らえない(笑)
商品としてのカタチには一定のルールがあるのだ。
しかしそのルールのある中で試行錯誤、模索するのもまた技術者として腕の見せ所である。

そのルールが時に基準となる。
いわば「最低ライン」なのだ。
クリアしていればそれは確かに商品として認められるけれども、消費者に認められるか否かはまた別問題。
いかにそのラインを、どこまで超えられるかが本当の技術者としての勝負。
相手が10行けばこちらは11・12・・・と、皆が切磋琢磨して今日のルールとして存在しているわけである。

だがしかしである!!笑

僕が常々思っていることを吐露してしまうと、数値だけで物事を計れるのか?ということ。
確かに数値は嘘をつかない。
けれども、それがすべてではないと言いたい。
例えば車で例えてみる、建築屋だけれども(笑)
d0122640_21065652.jpg
低燃費を謳ったステッカー


いかに燃費の良い車であったとしても、デザインとして破綻しているような商品であれば販売実績の数値としては伸びないであろう。
商売は売れなければ意味がない。
お上の決めたルールばかりを追い求めているだけでは、商品の“魅力”が欠如するのだ。
では何が必要か...つまりはバランスなのだ。

例えばここに燃費が低下するパーツがあるとする。
だけれどもそれは女性ユーザーにとって必要不可欠なものだとする。
もしそのパーツがなければある特定の層のハートはキャッチできないであろう。
だとすればそのパーツは付けるべきだ。
それがこの車を買う決定打となる魅力となり得るのであれば。

結局商品は「魅力」がなくては売れない。
数値も、デザインも、アイデアも。
ユーザーに呼応する魅力をどこに設定するか。
ここからが我々の使命となる。

...続く



と言った具合に、デザインや数値化に対する自身の思想を整理するためにも、連載形式で配信していこうと思います。
着地点としては、ノウハウをひけらかす事が目的ではあらず、あくまで脳内整理です。
それと同時に僕の考えを少しでも垣間見て頂ければと幸いです。

相変わらず不定期ではありますが...苦笑
次回は「ブランディング」について書いていこうと思います。









住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp



# by lives-web | 2017-01-30 21:08 | 段段段 | Comments(0)