瓦葺きの屋根(一文字編)

d0122640_17223645.jpg

一般の方でも建築現場なんかで見たことある光景ではないですか?
まさか自分の現場でこの様子をうかがうとは思いもしなかった。
今ではご満悦(笑)
d0122640_17235639.jpg

d0122640_1724751.jpg

この仕事を見よ!
一文字葺きと呼ばれるこの葺き方は「ライン」が命。
ビシッ!っと決まってます。
本当のところ、数年後このラインがドコまで保たれているのか、そこが腕の見せ所。
d0122640_17261430.jpg

「合端(あいば)」と呼ばれる、瓦同士をすり合わせる作業。
数ミリ単位での正確さが要求されるのだ。
まるで瓦との睨めっこをしているよう...「鬼瓦」の形相をしたら勝てるかも(笑)
全体が葺き上がったらまたUPします。



d0122640_17294110.jpg

躯体の方ははとりあえず保留。
瓦の重みで躯体を落ち着かせます。

お盆中は防犯のためブルーシートで覆っておくのですが、これでも住める(笑)
この住空間、予知分と無予知分がうまく交錯するような、ちょっと複雑な住環境が生まれることだろう。
[PR]
by lives-web | 2010-08-06 17:35 | くの字の平屋 | Comments(0)
<< 初ハイブリット:試乗レポート オニヤンマ...瀕死 >>