人気ブログランキング |

そういえば・・・Ⅱ

d0122640_11172191.gif

エコポイント終了が早まりましたね。
僕にとって「エコポイント」との縁はほとんどなったような・・・?
3件程度提出させていただきましたけど、新築では適用外。
木製サッシ(オリジナル)を使ってしまうと「気密の問題」で除外されてしまいました。
住まい手さんも「背に腹は代えられない」ということで了承していただきました。

結局は経済効果を期待してなのか、本当に地球環境を考えてなのか・・・。
まぁどちらでもいいのですが・・・実際どうだったのでしょうね。
家電の経済効果は500億円規模だったとか。

日本で言う「エコ」とはエコロジー【ecology】(自然環境保護運動)という意味合いよりもエコノミー【economy】(経済・節約)といった意味合いの方が強いのかな?と感じます。
実際そうなのかも知れませんが。
中途半端な知識でスイマセン。。。



日本人である僕が日本人を批判するのはなんともアレなんですが・・・
どうして日本人という特性は「性能」を重視しすぎるのでしょう?
もちろん性能は大切です。
けれども、なんだかどれもやり過ぎな「過度」なんですよね。

車で言えば欧州車に比べるとオプションは豊富だし、ボタンも多い。
某日本メーカーの最上級車種のボタン数は100以上あるらしい。
使うのか?使いこなせるのか?っていう(笑)

住宅で言えば断熱材やら耐震性やら暖冷房の性能やらですか。
僕にとってそれらの性能は正直「二の次」なんです。
必ずと言っていいほどコンタクトを取ってきてくださったお客様には性能について聞かれますが、返答のしようがないのが本音。
別に何も考えてないわけではないですよ(笑)
ただですね、僕にとって日本の建築はそんなに柔ではないと言う事を伝えたいのです。
もちろん必要最低限?の性能は持ち合わせています。
それを補うのに必要なのが「設計」なのではないかと。

実際うちの住まい手さんから暑さ寒さで文句言われた事はない(笑)
それぞれに工夫して住まわれているし、それだけ理解のある住まい手さんに選ばれている証拠でもあるのかも知れない。
結局僕はこの事業を通して「建築の可能性を伝えたい」のです。
過度に性能を重視するよりも、暑いけど、寒いけど、でも気持ちよければいいじゃないかと。
暑い寒いをご自身の工夫で和らげられればそれは優越感へと変わるかも知れない(笑)

理解をいただけるのかいただけないのかは別としても、僕はこの思想を曲げる気はない。
求められればそれなりに対応はさせていただくかも知れませんが、それでもやはり設計の可能性で補ってあげたいと思う。
おそらくそこがお互い(住まい手さんと僕)良きパートナーになりうるかどうかの境目なのかも知れない。



なんてことを最近漠然と考えてみた。
エコポイントに無理矢理関連づけしたような感があるかも知れませんが(笑)



昨日の夜、ちょうどそんな話題があがったのですが・・・。
結局日本人は「和」ですから、あくまで「足し算思考」なんです。
和風=足し算で言う「+」ですよね。
そんな語源からも理解できるように、あくまで足し算思考。
諸外国からいろんな技術や文化を吸収し、それを日本流にアレンジするのが得意な人種。
もちろん僕も例外では決してないですし、絶対的に全否定はしませんし、出来ません。
この現在の日本を築いてくださったのはご先祖様なのですから、むしろ感謝しなくちゃですからね。
ただ、あくまで過度はどうなのかという話。
工夫も得意な日本人、そのご自身の可能性を「性能」に抱き合わせてみてはいかがでしょう・・・(笑)




「じゃあ実際はどうなの?」となるでしょうから、是非体感していただくしかない。
ということで7月の末か8月のアタマにオープンハウスをさせていただく事になりました。
M家の住み処Ⅱ → 
詳細はまた後日♪
っという宣伝に無理矢理に関連づけた・・・(笑)


なんか今日は論理的思考過ぎましたね。。。
たまには僕の「我」をデロデロと吐き出しても良いかな・・・なんて。
by lives-web | 2011-06-16 12:00 | 建築談義
<< 日本語能力試験 そういえば... >>