人気ブログランキング |

庭ありきの家、家ありきの庭

先日、「荻野寿也景観設計」の荻野さんと、伊礼智設計室による水戸の亀山建築さんの社屋の造園のお勉強(お手伝い)に行ってきました。
ちょうど去年の今頃にも静岡まで行ってましたねぇ。

「荻野寿也景観設計」に学ぶ

一年ぶりでしたが、荻野さんには印象的だったらしく、しっかりと覚えていてくださいました(笑)
いくらでも荻野さんの造園や、伊礼さんの設計は本屋さんに書籍が溢れていますが、“現場”でしか学べない事がたくさんあります。
創業してから八年経ちますが、いまだに日々勉強。
出来るだけそういった絶好の機会は逃さぬようアンテナを張っています。
おかげさまで様々な出会いがありますから、とても有意義かと(嫁様には遊びだと思われていますが...)



d0122640_1637026.jpg

元吉田の家(亀山建築新社屋)
設計-伊礼智設計室
施工-亀山建築(水戸)
造園-荻野寿也景観設計


二日間に及ぶ造園。
実は前日、夜遅くまで宇都宮で「仕事の飲み」からの朝八時の水戸!
だいぶお酒がアレだったかも知れません?

二回目と言うこともあり、一連の流れは把握していますので、現場はスムーズに進行。
荻野さんやそのスタッフさんからポイント毎にレクチャーを頂き、体に浸透していきます。(同時にお酒は排出)

d0122640_1637142.jpg

伊礼さんの今作品は設計の早い段階から荻野さんが携わったとのこと。
そしてその設計意図を細かく紹介していただいたのですが、やはり建築と造園。
「水と油」とまでいかなくとも、視点の違いが非常に興味深い。
元々伊礼さんも外と内の関係を説いていますので、その辺の合致は容易だったのが想像出来ます。

内部の写真は僕の作品でないですし、発表はまだ先ですので遠慮させていただきますが...
ここでのランチは本当に最高でした!
内部の空間構成は今更ですが、やはり美しく品がある。
その場に身を置いて、五感を研ぎ澄まして感じて参りました。

d0122640_16372394.jpg



そして夜は宴を設けていただき、あんこう鍋をごちそうになりました!

そこでの会話で印象的だった言葉がいくつかあります。
僕も普段「家庭=家+庭」を啓蒙していますが、僕にとっては「家ありきの庭」。
荻野さんにとっては「庭ありきの家」。
設計の段階から造園家が参加されるメリットなどをご教授いただきました。
以前荻野さんへ問い合わせがあったのが、「荻野さんが勧める建築家を紹介して欲しい」と。
住まい手さんは「庭ありきの家」を選ばれたのですね。
感性の高い住まい手さんは多くいらっしゃいます。
そのような住まい手さんが僕らの建築に対して反応を示してくださるのですが、造園も同じ。
どちらを引き立てるとかではなく、共に引き立て合う。
そんな関係性を今回の造園でも深く学ばせていただきました。

「デザイン」についてもお互いの価値観を話し合ったのですが...共通点は「感性を大切にする」ということ。
寸法などの数値に囚われるのではなく、その場の空気感であったり、自己の価値観と共鳴させてみる。
合うか合わないか。
やたらに実測するのではなく、何が良く感じるのかを自分に問う作業が大切なのだと。
自分を信じ、自分に問いて、答えを導き出す。
その際にやはり大切なのは感性であり、それは生まれ持ったモノもあるし、研ぎ澄ましていくモノだと思います。


いつか、荻野さんに造園で共作出来るよう、日々精進!
意外と遠い日ではないかも知れませんが...?笑


本当に楽しく、すばらしい二日間でした。
良い建築に携わり、造園の可能性を肌で感じた二日間。
やはり「現場」は楽しい♪
現在進行中の現場にもフィードバック出来そうですし、これからの景観設計による楽しみがを増します。





住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-03-10 17:11 | 建築談義
<< あの日... 作品集PV >>