人気ブログランキング |

建築家作品の見学

二日連続で二人の建築家の作品を見学出来る機会を頂きました。

鎌倉と千葉

ちょっとだけ時間がありましたので、鎌倉の町を散策してみました。
d0122640_1453733.jpg

江ノ電かしら?
d0122640_14531088.jpg


d0122640_1453541.jpg


d0122640_1453286.jpg


d0122640_1453020.jpg


d0122640_14525478.jpg

お昼は地元の定食屋さんで釜揚げしらす丼♪
わざわざ観光客に混じって行列の一部になる必要はないのだ...むしろこちらの方が美味しい場合もありますしね。

d0122640_1452572.jpg

平日だというのにこの人混み!
紫陽花の時期と言うこともあるそうですが、鎌倉は安定の人気なのですね。
結婚前に来て以来ですから、10年ぶりかしら?
栃木から乗り換えなしで来られるのですから、今度の家族旅行は鎌倉で決定?


d0122640_1442727.jpg

さて、本題の建築家作品の見学

若原一貴/若原アトリエ

光を取り込むために開口を設けるのが一般的だとしたら、陰を作るために開口を設ける手法の建築家と解釈しています。
後ほど詳しく紹介させていただきたいと思います。
僕は建築の評論家でもありませんし、ましてや同業者ですから(笑)、素直な感想を述べたいと思います。

d0122640_1442992.jpg


田中敏溥建築設計事務所(田中工務店施工)

なんだか変な写真が撮れてしまいました(笑
モデルがあれだからでしょうか...
こちらは公開いたしません。



建築はやはり体感しないと。
空間に身を置いて、自身をその空間に溶け込ませてみる。
そうすることで理屈ではない、精神性みたいなものが理解出来るのだと思います。

二棟とも最高に素敵な空間でした。
両名には見学の機会を頂き感謝しております。






住空間設計LIVES×COMODO建築工房PVあります。


CoMoDo建築工房のHP 
住空間設計LIVESのHP  

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@comodo-arc.jp
by lives-web | 2014-06-27 15:22 | 建築談義
<< 鎌倉の分居/若原一貴/若原アトリエ 最強のTKG! >>