人気ブログランキング |

椅子の修繕

OB様宅でメンテナンスにおいて。

その際に話に上がった椅子の修繕。
d0122640_18385929.jpg

d0122640_18391294.jpg

座面の張り替えはいくらでも当てはあるのですが、家具自体の修理となると...。
接ぎ木と塗装がちょっと厄介。
当時の塗料であったり、北欧の塗料であることから、ただ単に綺麗にしてしまうとオリジナル性が失われます。
ましてや名作家具なのですから、デザイナーを尊重しなくてはなりません。

名作家具の多くがボチボチ版権が切れてきて、“リプロダクト品”が出回ってきました。
模造品は図面で表現できるかも知れませんが、出来上がったその雰囲気はやはり「偽物」でしかありません。
オーラというか、佇まいというか...プロポーションがまるで違います。
オリジナルであるのに、それが修繕によって損なわれることだけは避けたいと思います。



ハンス.J.ウェグナー作
カールハンセン&サン社製
「CH24 Yチェア」
d0122640_18392024.jpg

こちらも名作中の名作!!
もちろん見た目だけでなく、座り心地は抜群。
長時間座っていても、苦痛を感じることはありません。
d0122640_18393597.jpg

こちらは数年前に修繕済み。
長年使い込まれた雰囲気がとても良く、心地よさを感じます。



このように、住まいも長年連れ添うことでしか得られない雰囲気を目指したいものです。
そうあるためには、「本物」であることでしかないのだと思います。



飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 

住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
by lives-web | 2015-08-07 18:57 | 建築談義
<< 気付けば2週間放置... 基礎完成 >>