竣工した時が完成ではなく、共に成長する住まい(竣工から2年のいま)

竣工から2年が経過しようとしている「Vermeer Ray」です。
とてものびやかな印象となる平屋。
住まい手から「暗く住みたい」という、とても印象深く、ありがたい要望を頂いたことを覚えています。

さて、メンテナンスの為に伺わせて頂きましたが、とても丁寧な暮らしぶりに、作り手としては最高の気分となります。
何事も面倒くさがらずに、物を買う時には吟味しながら慎重に選ぶ。
なかなか誰にでも出来ることではありませんが、住まい手の“鏡”のような存在だと思います(笑)



そんなVermeer Rayですが、感じよくエイジングしてきています。
もちろん汚れてきていたり、褪せてきた部分は否めませんが、それも成長、経年美化なのです。

竣工した時が完成ではなく、共に成長する住まい

ビニール建材ではこうはいきませんから、素材を生かした住まいの醍醐味かと思います。

d0122640_196412.jpg


d0122640_1961267.jpg


d0122640_1962031.jpg


d0122640_196072.jpg





飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 
※WORKS(JDMHOUSE)更新しました!!
※「TheLives」ページ作成しました!!


住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
                  citta di garage B1
電話-0285-39-6781

お問い合わせ → info@iida-arc.net
[PR]
by lives-web | 2016-06-05 19:19 | 那須烏山市 Vermeer Ray
<< 御年75歳の棟梁による技術の継承 運動会とハイキングと撮錬と。 >>