迫力の扇垂木

いよいよ、待望の建て方が始まりました。
本日で4日目ですが、ようやく化粧部分の天井が仕上がった程度。
まだ屋根部まで達しておらず、やはり通常よりも時間は掛かります。
僕らは住まい手さん共々、スピードなど追っておりませんから、気にもとめません。
それよりも確かな仕事をしてもらった方が、何十年も住まう家なのですから、たった数ヶ月の差がなんだって言うのでしょう(笑)

さてさて、そんな丁寧な仕事ぶりをご覧いただきたいと思います。
主にはやはり扇垂木となります。
d0122640_1851089.jpg

上で一度当てて墨付け、降ろして加工・・・続く
d0122640_18505453.jpg

d0122640_18504327.jpg

再度上げて擦り付けては削っての繰り返し。
それを全部で48本の垂木...この暑さでしたから、集中力勝負となります。
d0122640_18504956.jpg

うちの若い衆は掃除やら小間使いでお手伝い。
d0122640_18503823.jpg

てっぺんの集合体。
今作は180φの削り丸太となっていますが、“かぼちゃ束”と言って宙に浮いたやり方もあります。
d0122640_18503384.jpg

d0122640_18502898.jpg

このリズムが垂木表しの醍醐味と言えるのでしょう。
さらには扇垂木ですから、いままでとは全く違う感覚のリズム感です。
d0122640_18502331.jpg

d0122640_18501567.jpg

こんな感じでどうにかこうにか納まりました!!
僕はもちろん、大工さんにとってもこの達成感はなんとも貴重な体験となりました。
住まい手さんのご理解の賜ですね。
ちなみに今作の扇垂木は僕からのわがままリクエスト(ほぼ全棟か?笑)でしたから、この件に関しては僕の全額負担!!
次回からはちゃんと見積計上します(笑)
でも案外と、冗談みたいに高額ではないのかも知れません。
d0122640_18492369.jpg

20区画の分譲地において、斜に構えた、本当に捻くれた建物。
横並びの整列から景色が一変します。
d0122640_1849921.jpg

d0122640_184946.jpg

もちろん四方固めも行いました。
住まい手さんのテンションとリアクションに、やはりこの仕事に対する誇りを確認させて頂きました。



初めて挑戦させて頂いた扇垂木の感想。
d0122640_18495797.jpg

難しい!!でも楽しい!!
改めて建築の醍醐味という物を体感いたしました。
とはいえこればかり手掛けていると「ドヤ建築」になってしまうので程々に。
住まい手さんや住環境などの諸条件を加味しながら、垂木表しであったり白であったり平天井であったり勾配天井であったり。
どこにベクトルを持って行くか。
天井仕上げはそれだけ空間においてパワーを持っておりますから、その判断は慎重になります。
結局は全体のバランスなのですが、今作のように扇垂木が目立ちすぎるのは嫌。
本気で扇垂木を見せるのであれば全周そうするのでしょうけれど、あえてベランダ分45°切ったり、1/4は平天井であったり。
これ見よがしにならない程度に調整をしています。
あくまで“住宅”であって住まう空間なのですから、建築が威張ってはいけません。
あっさり、しれっと・・・「扇垂木ですけど?何か?」的な(笑)



竣工予定は11月頃予定しております。
お披露目できる日が待ち遠しいですね。





住所-栃木県河内郡上三川町上蒲生2351-7 
            citta di garage B1
お問い合わせ
電話 0285-39-6781(不在の場合は携帯へ転送されます。)
mail info@iida-arc.net


飯田亮建築設計室のHP
CoMoDo建築工房のHP 

[PR]
by lives-web | 2016-07-30 19:26 | 斜45°の家 | Comments(0)
<< 白い壁と垂木と少しの開口 和菓子屋さん視察と伊礼さんと工務店 >>