大三元|OLYMPUS

麻雀用語ですが、カメラに例えられる事があります。
広角・標準・ズームの3本。
ハイエンドで、一般的には開放F値がF2.8通しで、防じん防滴のプロ向けのレンズ。
それらを3本合わせると、超広角から望遠まで一通りの焦点距離がそろうことからそう呼ばれているそう。
もうこうなると行くところ行くしかなくなるのです(笑)

ガチ取りの時はフルサイズを引っ張り出しますが、現場の写真やスナップ程度ではこの子で十分すぎるほど。
狙いによってはフルサイズよりもいける。

今回導入したのは超広角の「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」。
ボディは「OM-D E-M1 Mark II」になります。
宝の持ち腐れ、豚に真珠、猫に小判...そんな言葉が僕には連想されます。。。
d0122640_11242559.jpg
カメラはうまい下手関係なく、楽しければ良いのです、楽しければ。
基本の"キ"を押さえる程度で後は撮って楽しむ!!
それがカメラだと思います。

前回のレンズでも十分だったのですが、グレアというか光の具合で紫になる現象(この辺の説明具合が素人!!笑)がずっと気になっていたものですから、少しでも解消する事を願います。









住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp



[PR]
by lives-web | 2018-02-06 12:01 | フォトグラフ | Comments(0)
<< 久々の大規模リフォーム 江戸東京たてもの園と益子さんと... >>