人気ブログランキング |

家族の思いで

今日から解体、、、のはずが解体屋さんの手違い?で延期。。。
調子が狂います、、、(困)

でもおかげで解体前に撮りたいと思っていた「家族の思いで」を写真に納められた。

ここの住まい手のご家族は本当に温かく、包まれるような感覚に陥らせてくれる。
そんな家族を支えてきたこの家、あまり生家に対して思い入れがない(もう存在してないし、、、)私としては、この家族がとてもうらやましいという思いの反面、この家を解体することで胸が締め付けられる思いとが混在した。



リフォームとはいままで何十年以上も見慣れた家の面影が無くなり、まして“建て替え”ともなれば微塵もないのだ。

リフォームにも種類がある。
設備の更新であったり、外装の塗り替えだったり、痛んだところの補修、間取りの変更、内装の改装から、耐震補強にまるごと改装などの大から小までさまざま。
業者によってはただキレイにすることが“すべて"とし、何でもかんでも見積もりに計上する。
私にとってはソレがとても残念に思うのだ。

そこで暮らした家族、犬や猫、友人知人に親戚が残していった痕跡。
まして生まれ育った家は、その歴史や想い出は計り知れないのだろう。
上京した人もいれば、嫁いだ人、残念ながら天国に行った人、そこに残っている人もいる。
みんなには“家”の思いでがある。
私はそれらを尊重してあげたいのだ。
それが何十年も見守ってくれた家に対する「敬意」であると私は思う。

d0122640_1715492.jpg

この柱達は何回の「ただいま!」と「行ってきます!」を聞いたのだろう。
d0122640_17281022.jpg

お母さんは何回「お袋の味」を演出したのだろう。
d0122640_17294987.jpg

この廊下は走り回ったのだろう。
d0122640_17305542.jpg

何回スイッチを切り替えられたのだろう。
d0122640_17311920.jpg

残念ながら最後まで残れなかった者もいる。



そんなたくさんの「思いで」の詰まったこの家、本当に大切に仕上げたいと思う。












最近涙もろくなった、、、(笑)
by lives-web | 2008-10-07 17:32 | 日光市 K家の住処
<< 俳句を一句 無垢なお客様 >>