人気ブログランキング |

2007年 09月 30日 ( 1 )

原稿書き

d0122640_17173914.jpg

今日はアトリエで次号の原稿書き。
いままで穫りためた資料を参考にしながら挑みます。

感銘を受けた建築家の集めた資料を眺め、そうして気付いてみると昔から住宅建築に対する“理念”は変わっていないんだなと。
己が決めた道を見紛うことなく前進している証拠でしょうか(笑)

出来上がった原稿・・・掲載する媒体のターゲットにしては固いかも...です。
しかしそれらに気付いてもらわなくてはいけないので良しとしましょう!
でもまずは読んでもらえるかどうかですけど(苦笑)

せっかく書いたので一部をご紹介・・・

住まいを建てる動機のひとつに『生活を豊かにしたい』と思うのに、大金をはたいて決められたカタログから間取りや設備、内外装を選択し2.3ヶ月で建ててしまったり、建て売りを買ってしまったりと・・・。
それでは家を建てる面白みや楽しさもなく何も変わらない。生活の器を変えたところでいきなり日々の生活が豊かになるわけではないのに...と嘆く。
さらに近年では過度な設備投資で身体のみの快適性を謳い、収納面積の量で住まいの価値を判断する傾向にあります。実用性や合理性ばかりでは気持ちの良い“住空間”は生まれないのではないでしょうか。
住まいは人間が生きるため、生活を楽しみそして休息をする場。家族で食事をし、TVを見て、会話をしながら寛ぐ。読書や勉強に勤しむ。時にはひとりで物思いに耽る・・・。その生活習慣の中で自由にその時々の居場所を見つけられる。でも家族の気配をどこかで感じ、空気を共有しているような・・・そんな住まいを描きたい。





子育て冊子なのでこんな“決めゼリフ”も・・・

子育て環境のひとつとして『住環境』の住まい。弊社は住まいを“社会に出るための訓練場”として捉えています。家族の上下関係や礼儀作法、気遣いやご近所付き合いなど。様々な出来事を親が見本となり、自然が教えてくれ、近隣環境からも学ぶ。
家+庭で『家庭』。この漢字が教えてくれているとおり、いい家庭を築くにはいい家と緑溢れる素敵な庭が必要不可欠ではないでしょうか?



どうです?固いでしょ(笑笑)
by lives-web | 2007-09-30 17:27 | アトリエ