人気ブログランキング |

2013年 08月 29日 ( 1 )

夏休み最後に...

夏休みも終わりと言うことで、最後に行ってきました。
言わずも知れた「零戦」。
所沢航空発祥記念館にて「日本の航空技術100年展」が行われていたので見学に。
今年の夏はとにかく遊びまくりましたね!
子供のため?自身のため?理由はなんでもいいのだ(笑


まだ子供達には“戦争”という歴史に知識はないようで、単に古い飛行機としか映ってない。
このヴォリュームの機体を間近にみたのは初めて。
これが飛んでるイメージがないらしく、さほど感動せずw
逆に父さんの方がはしゃいでいてそのギャップが...泣
d0122640_20223144.jpg

零戦は本当に美しい。
ラインがとても綺麗なのだ。
無駄なラインがひとつもない、機能としての美。
これが“戦争”という背景でしか生まれないモノなのかと思うと・・・皮肉なモノだ。
d0122640_20224349.jpg

当時の技術として最先端だったこの零戦。
挙げればキリがなく、うんちくだらけになるので割愛。
ちなみに複数型があり、こちらは52型。
d0122640_20225513.jpg

部品に萌え...
d0122640_2023143.jpg

図面に萌え...
d0122640_20445921.jpg

エンジンに萌え...
d0122640_20452336.jpg

飛行機のエンジンはこのような機構。
センターのクランクがくるくる回り飛び出た5つのシリンダーの中のピストンを押し上げバルブから気化した燃料を空気と混合しプラグで爆発しその原動力を得る。
ちなみに形状は違えど車もこの機構。
プロペラはクランクに接続される。
理解が得られにくいと思うのでこの辺にしておこう(笑
d0122640_20232291.jpg




うちのカルマンギアの主治医から事前に、零戦に対する「講義」を受けていたため、非常に楽しめた。
もちろんこれから「風立ちぬ」を観に行く!
もはやそれの予習でもある♪

時代背景はあれど、製作された物語を知れば知るほど「もの作り」は楽しめる。
出来たモノを堪能するだけではなく、目に見えない背景の「知識」によってその魅力は高まる。
そんな時間を堪能した自己満足な家族旅行だった(笑
d0122640_20233479.jpg




(株)CoMoDo建築工房のHP - 新規open
住空間設計LIVESのHP - リニューアルopen
by lives-web | 2013-08-29 20:53 | 家族