<   2009年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

長雨ですな・・・

しばらく晴れ間はお預けのよう。
おかげで現場は非常に困る。。。

まぁ季節の変わり目なんでしょうね。
急に肌寒さが増したように感じますし。

でも本格的な秋はこれから♪
カルマンのドライブ日和がやっと来ますわ(笑)
11月に静岡でVWのイベントに誘われたのだが・・・ドライブが苦痛になってしまうような・・・。
ん~でも行きたい、、、。
d0122640_20291480.jpg





住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-30 20:30 | 雑談 | Comments(0)

製図のお話し

現場に行ったにも関わらず、ネタの写真を撮ってくるのを忘れてしまったので、
今日は製図のお話し(笑)
ネタ的にはちょっとマニアック・・・?
でも工業系の人には食い付いていただけるはず(笑)

d0122640_19543877.jpg

「何事をするにもまずは道具から!」が僕の信念(笑)
あれもこれもと試す“カット&トライ”は無駄が出て好きではないので、
買うときにはそいつとトコトン睨めっこ。
おかげで店員さんには不信感を抱かれるのですが、、、。



まず図面を描くのに方眼紙。
鉛筆のノリは、方眼紙の中ではいい方だと思います。
パースを描くときには別にスケッチブックを用いています。

シャーペンは製図用。
適度な重さと書き味、堅実性等を加味してドイツの「ステッドラー社」が好み。
他にもロットリングなどが有名ですが、僕はステッドラー派。
ここら辺は建築家によって拘り度が垣間見えるので面白い。
他に優れた点というのが・・・
d0122640_2043028.jpg

d0122640_205843.jpg

使わないときにはペン先を仕舞えるのです。
製図用というのは定規を当てて書くことがメインですので、ペン先を見えやすくするために、
このような形状になっているのですよ。
ですので、ペンケースの中で暴れている内にペン先が曲がってしまうこともしばしば・・・。
さすがドイツ人・・・考える事が違う!
ちなみに「0.5」と「0.7」を愛用。
「0.7」は線を描いてるときの豪快な感触が好き(笑)

他には消しゴム。
基本的には一度書いたことは消さない主義。
間違えや指向の変化も留めておくことで、整理されるのですね。
よほどの時には上から色鉛筆等でなぞったりもします。

最後にホルダーと言って、鉛筆の芯のみを用いるペン。
主に太い線を描きたいときに用いています。
最近は設計者の間でもあまり使われなくなりましたね、、、。





いくらCADの時代とはいえ、やはり「手を動かす」事はとても大切。
手と脳をリンクさせることが、設計を整理してくれるように思います。
極端な話、筆を滑らせ線を描くことで、その住まい手や住まいに想いを馳せたりしてます。
軽く変態ですか、、、(笑)

製図を書くことは非常に好きなのですが、描き続けていては良い図面(間取りやパース等)は
描けないことを最近教わりました。
さすがにプロですので、その土地や建物を見ただけで、すぐにイメージは湧いてきます。
すかさずそれを図面に興すのですが、結局それは単なる「思いつき」に過ぎないのかも
知れません。
あえてその図面とは距離を置き、1週間後なにげに眺めると気付かされることが多々
あるようです。
その作業を1ヶ月ぐらい掛けて行い、整理させていく。
結局設計は住まい手さん(その環境も含む)と、僕の建築を整理する作業なのですね。



なんだか熱弁しちゃいましたね、、、




住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-28 20:31 | 建築流儀 | Comments(0)

木工事完了直前

d0122640_14523396.jpg

ボードも大方張り終わる。
僕の段取りが悪く、浴室の羽目板の入荷が送れてしまい残工事に、、、。


来週からは設備やら電気やら内装等で大詰め。
あと一ヶ月でどうにかこうにか?といった感じでしょうか。

どういう空間が生まれてくるのでしょうねぇ~!
楽しみです♪
[PR]
by lives-web | 2009-09-26 14:57 | 結城市 S家の住み処 | Comments(2)

目の前真っ白・・・(。´-д-)

車の新しいガラス新発想?
d0122640_1824586.jpg

型板ガラスならぬひび割れガラス。。。

今朝現場に向かう途中、トラックの後ろを追走中にいきなり「パァ~~ン!」って!
いままで聞いたことの無いような音と、目の前で何が起きたか判らない衝撃・・・。
d0122640_1828164.jpg

あまりにもびっくりしてブレーキすらも踏めなかった・・・。
逆にパニックにならなくて良かったのですが。。。

恐らく飛び石の衝撃なのでしょう。
現代の車のフロントガラスは「合わせガラス」と言って、ヒビ程度で収まるようになっているのですが、当時の年代車は「強化ガラス」のためにこうなります。

破片を粉々にして、最悪なケースを防ごうとする設計。
でも顔に飛んできたら・・・合わせガラスは薄いフィルムが施されているので通常通り大きなヒビ程度でも、破片が飛散することなくされているので、その方が安全。




帰りは・・・
もうどうしようもないし、車屋の仲間呼ぶには遠すぎるし・・・もう自走で帰宅。
よい子のみんなは“絶対”に真似しないでね・・・道交法違反・・・?
っつか超危険!?


行き交う車の相当な視線を集めて、どうにかこうにか自宅のガレージに収めた途端・・・
d0122640_18374482.jpg


「ガシャン」 

これって走ってたら・・・顔面に飛んできますよね・・・(;´ρ`)
しかも大量に・・・。
[PR]
by lives-web | 2009-09-24 19:28 | 車・バイク | Comments(0)

塩谷町の民家

塩谷町で進行中のプロジェクト。
先日のブログを見ていただいたらしく、喜んでいただけたので気兼ねなくアップします(笑)
d0122640_119332.jpg

そのブログでのお話し。
d0122640_10303043.jpg

ブログ内では「アプローチ」と表現しましたが、この地方では「きど」と呼ぶらしい。
お父様は「きどっぽ」だよ!とおっしゃてましたね、、、。
方言なのでしょうか???



設計とは全く無関係に思われるかも知れませんが、表現の仕方ひとつでその空間(存在)の意味合いが変わってくるように思います。
また、その表現ひとつで受け止め方が変わるので、フッと見えてくる部分が発見されることもある。
空間の設計は描き手(建築家)の「感性」に委ねられるのですが、その描き手がその表現をどう受け止めるか、それからそれを全体の計画として表現していくのか。
ひとつのキッカケのような「鍵」になるように思います。
今回で言えば、「地方らしさ」と表現しておきましょう。
「らしさ」と言うのはとても曖昧ではあるけれど、その表現方法は描き手次第。
結局は「僕次第」という結果に・・・(笑)

とにかく今回は僕のスタイルに合わせるのではなく、建物に合わせる方がうまくいくように感じました。
ある意味自分を押し殺すところもあるので、非常に苦悩しています。。。
でも、スタイルを尊重し続けることだけが大事ではないことが気付けるような、そんな住まいになる気がしています。
でも結局は僕の作品性は見え隠れするのでしょうね(笑)

プレゼンは約一ヶ月後。
僕の建築に惚れ込んでいただけているクライアントだからこそ、絶対に恥じることのない提案をしなくてはならない・・・という自己暗示を掛けて頑張ります(笑)


昨日は実測のためにお伺いしました。
d0122640_10482988.jpg

カマキリ君もお出迎え・・・?威嚇されてる・・・!?
朝の9時から15時頃まで6時間ほど滞在・・・・。
お昼までご馳走になってしまい、ご迷惑をお掛けしました。。。
おかげですっかりご家族とは意気投合。
この流れが設計にはとても大切なんです。
お互いをさらけ出さないと、この先何十年を生活する空間は描けません。
厚かましい僕ですが、今後ともよろしくお願いします(笑)

ところで・・・
お父様に「ところで飯田さんは40歳ぐらいかい?」と。
えっ!ちょ・・・(´・ω・`)
雰囲気年齢の自己記録更新しました(爆)
しばらくみんなに確認していこうと思います。
お肌には気を使っているつもりなのですが。。。




住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-22 11:05 | リフォーム | Comments(0)

解体工事

先日お伝えした「外構改装工事」が始まりました。
d0122640_18324793.jpg

d0122640_18332894.jpg

シロアリ被害や水捌け等の問題もあり、お施主さんの要望で思い切って一度リセットすることに。

以前の外構は、基本的には「閉じる」方向であったのに対し、今度は「開く」方向に転換。
開くと言っても、近くにはスーパーや住宅が建ち並ぶ立地なので、そこら辺も加味しながら
ほどよい具合に調整。



さてどうなる事やら・・・楽しみ♪



住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-19 18:44 | J家の外構 | Comments(0)

栃木県の住み心地は?

高校2年生へ若者意向調査をしたそうな・・・。
詳細はコチラ → 

良い面では・・・
「暮らしやすく、開放的だ」
良くも悪くも「のどかである」みたいな(笑)

逆に悪い面は・・・

「先進的でなく、情報が少ない」

確かに同感である・・・



「栃木に住みたくない」

三割の高校生が住みたくないと言う。。。




どこか半端な印象はあるけれど、でも僕はそんな「栃木県」が好き♪
ひとつの零細企業がどうこう出来る問題ではないけれど、何かひとつ、きらりと光る
「魅力」を生み出せるのではないかと思う。
まずは一人一人の県民が我が県に誇りを持つことから始まるのではないかな?



住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-17 19:06 | 雑談 | Comments(0)

豊作♪

今日は半日だけでしたが、稲刈りのお手伝い。
もちろん手伝いという名目もあるのですが、コンバインのオペレーターがワクワクする(笑)
無類の乗り物好き・・・。
キャタピラーなので、車とは違う感覚がまた楽しい♪

d0122640_21532132.jpg


今年は冷夏だったのか?お米や野菜の収穫に影響があるようですね。

それでもこんなにたわわに実ってくれた「お米さん」。
ありがたく今年も頂きます♪


やったことある人なら判るのですが・・・全身がチクチクして痒い・・・(苦笑)




住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-15 21:58 | 雑談 | Comments(0)

新プロジェクト始動!

先日の記事(民主党マニュフェスト)のおかげでアクセス数が飛躍的にヒット(笑)
特別SEO対策(検索にひっかかりやすくする対策)を施していないので、我がブログは毎日そこそこの訪問客(笑)
でもほぼ毎日アクセス数は一定数ですので、毎日見てくださることが固定されている証拠。
僕的にはそれが何よりありがたい♪
今後ともよろしくお願いいたします、、、(笑)



さて、新しいプロジェクトの始まり。
まだまだ間取りを実測しただけだし、めでたく「契約」の運びとなる確証もないので、おおまかにしか紹介できませんが・・・。
今回は築40年の「丸ごと改装」。
K家をご覧になっていただき、お気に召していただけたよう。
期待に応えられるよう頑張ります!

今後はたくさんのディテールを実測し、それを改装後の図面の種として生かしていく。
間取りを実測しただけで改装後の図面を描いても、納まり(段差や壁の出入り)がチグハグになってしまったり、無駄に枠を用いたりと、「現場対応」の違和感ある仕上がりになりかねない。
それでは大手のリフォーム屋さんと変わらない。
まぁ彼らはまるごと「包む」だけなので関係のない話なのでしょう・・・と毒づいてみる?
とにかく、既存であろうと新規であろうと、すべてがシンクロしなくてはご先祖様も納得していただけないのでしょう(笑)
でもそれが一番難しいことではあるのだけれども。。。

d0122640_1881439.jpg

玄関からアプローチを眺めたところ。
d0122640_18252698.jpg

近所の観光名所「佐貫観音」がそびえる。
d0122640_18274796.jpg

栃木県を代表する鬼怒川。
岩が溶け出しているようでなんとも美しい。

このように実にのどかな地区です。
この素敵な雰囲気に溶け込める住まいを目指すべく、全力あるのみ!
まぁ既にだいたいのイメージは出来上がってるんですけどね・・・。



住空間設計LIVESのHP
[PR]
by lives-web | 2009-09-14 18:29 | リフォーム | Comments(2)

民主党住宅ビジョン

先日の選挙で圧勝した「民主党」。
連日ニュースでは政権交代に関してや敗退した自民党のその後・・・的な“いじめ”に
近い報道がされている(苦笑)
具体的な動きがあるのはまだ先ではあるだろうけれども、気になりますよね!

さて、僕らの「建築業界」に対して、なにかしらの動きがあるようだ。
以前にも記事にしましたが、民主党は「民主党住宅ビジョン」を打ち出している。
アメリカのサブプライムローンの影響を受けてか?妙に力が入っているように感じた。
自民党が打ち出した「200年住宅」は今後どのようなカタチに変わるのだろうか。

なんとなくですが、悪いことばかりではない気がする。
同業者の中には「建築屋泣かせ」と騒いでいる人もいるようだけれども、一概には言えませんが、結局は先代がしてきてしまったお施主さんに対する「裏切り」の結果な気もするし・・・。
建築業界を「活発化」するのが先か、「整流化」するのが先決か。
何はともあれ、うまいバランスで取り組んでいただきたいと思います。
[PR]
by lives-web | 2009-09-12 18:45 | 建築談義 | Comments(0)