<   2018年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地鎮祭、滞りなく

群馬で実施設計を進めている「HutchCharger」の地鎮祭が滞りなく終える事が出来ました。
ほしかわ工務店率いる職人さんにも挨拶が出来、頼もしい信頼関係に安堵して工事が進められそうです。

初の県外遠征。
もちろん県外になれば携わるのは設計および監理のみ。
どれだけCOMODOイズムを継承して建築できるかが大きな焦点になってきます。
もちろん上回る事に超した事はないにせよ、全国的に見てもうちのチームは施工力が高いらしい(全国の工務店さんからお墨付き!!笑)
さらに欲を言えば地場の"色"を加味するのも楽しいかも知れない。
いずれにせよ楽しく建築をしたいものだ!!

ちなみに現在大阪からもご依頼を頂いておりまして、全国からの設計依頼、お待ちしております!!笑
全国には本当に良い工務店さんがたくさんおりますから、設計行脚できる日を待ち望んでおります。


d0122640_19460482.jpg
でもまずは、足元をしっかりと。







住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp

[PR]
by lives-web | 2018-03-28 20:00 | HutchCharger(群馬県)

若手工務店の化学反応

どの世界にも「これでいいのだ」という慢心は危険。
一本筋を通した指向性は必要だとは思うのですが、それに縛られるといつの間にか取り残されるのが大変に怖い。
建築ももちろんそうで、流行・廃りは当然のことながら存在します。
特にこと建築にあっては多岐に渡り、ハードもソフトもたっくさん。
正直デザインの流行・廃りはどうでもよく...というか流行・廃りでの判断ではなく、時代に必要かどうか。
世間に求められればプロとして検討せねばならず、その検討の結果導入するか如何かはこちら次第。

そんな現在の検討事項はズバリ「温熱環境」です。
いままでもまるで無視をしていたわけではないのですが、力の入れようが弱いというか、さほど興味を持てなかったのです。
頭でっかちでやたらとハード面が強いというか、理屈っぽいというか...
しかし世間では、特に僕の廻りの業界人から背中を押される始末(笑)
まさか無視するわけにも行かず、チロッと覗いてみると案外と面白いかも?と興味が湧き、そんな折出会ったのが今回秋田から来栃してくれた「もるくす建築社|佐藤氏」なのです。
彼とは過日の沖縄建築ツアーで出会い、夜の町で意気投合(笑)
そこから友達かのように一気に距離を縮め、会うのが2回目だというのに互いの建築を見せ合う事に。
一昨年受賞させて頂いた「エコハウス大賞」で彼は大賞を受賞するほどの実力者。
そんな彼から直接指南して頂く千載一遇のチャンス。
まずは温熱環境に伴う精神性を学び、更に探求する為の機会を頂きました。

後は僕がどう判断するか...まずはやってみます!!
4月は新潟にて学びの機会を頂いておりますし、きっと神様の思し召し(笑)
またしばらく書籍を読み漁りましょう。
d0122640_20230816.jpg
みんみん
d0122640_20231289.jpg
地元で一番好きな餃子とラーメン
d0122640_20231874.jpg
大谷の観音様

僕の建築ツアーも喜んで頂けたようで幸い。
彼は彼で何かしらの気付きを持って帰宅したようですから、win-winの関係でありたいですね。
こうして同世代の僕らがこれからの建築業界を台頭していくのだと、誓い合ったのでした!!







住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp

[PR]
by lives-web | 2018-03-23 20:55 | 事業活動

来場御礼

無事に土日の見学会を盛況のまま終える事が出来ました。
来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。
来たかったけれども来られなかった方も、そのお気持ちだけでも受け取っておきます!!笑
水曜日も引き続き行いますので、お時間ございましたら是非に。

さて、iPhoneではございますが一部写真を公開致しましょう。
d0122640_20150120.jpg
外観全貌
d0122640_20150702.jpg
春が待ち遠しいまちかど
手前の木は「シダレザクラ」
d0122640_20144991.jpg
スコンと抜ける窓
d0122640_20145709.jpg
小上がりの和室からまちかどへ
d0122640_20144572.jpg
うえからの眺めが気持ちいい
d0122640_20145322.jpg
15時頃の西日
ぽかぽか陽気
d0122640_20151353.jpg
何気に一番人気だったトイレ(笑)
タイル使いが最近のマイブーム




d0122640_19260649.jpg

暮らしの見学会のお知らせ

「まちかどみどり」
公開期間:2018年3月21(水)
日  時:10:00-17:00
場  所:栃木県宇都宮市上戸祭

※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



まちかどにみどりのお裾分け

全36戸の新興住宅街に建つ、おおらかな平屋のような佇まいの2階建て。
町角に綠をお裾分けするような作庭を中心に、まちとの距離感を保ちつつ、外部を程よく遮り、程よく取り込んだ内部。
道路に対してではなく、太陽に素直に向けることで生まれる余白によって、敷地にゆとりをもった配置計画としました。
内部は吹抜を用いて外観同様におおらかさとゆとりを持続。
家と庭の関係性をより強調させた住まいです。

【今回のイベントのポイント】
 - 角地に建つおおらかな平屋のような2階建て
 - 玄関横付けカーポート
 - 吹抜リビングの造作ソファでゴーロゴロ


クービック予約システムから予約する

今回から予約システムを導入いたしました。
予定がお決まりの場合はポチッとご協力頂けますと幸いです。
飛び入りのご参加でも構いませんが、混雑時は応対が困難になる場合がございます。
予めご了承くださいませ。





住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp

[PR]
by lives-web | 2018-03-18 20:22 | まちかどみどり

暮らしの見学会 ~まちかどみどり~

まちかどみどり
d0122640_19260649.jpg
暮らしの見学会のお知らせ

「まちかどみどり」
公開期間:2018年3月17日(土)-18日(日) /21(水)
日  時:10:00-17:00
場  所:栃木県宇都宮市上戸祭

※special thanks
 荒川家具(展示家具提供)



まちかどにみどりのお裾分け

全36戸の新興住宅街に建つ、おおらかな平屋のような佇まいの2階建て。
町角に綠をお裾分けするような作庭を中心に、まちとの距離感を保ちつつ、外部を程よく遮り、程よく取り込んだ内部。
道路に対してではなく、太陽に素直に向けることで生まれる余白によって、敷地にゆとりをもった配置計画としました。
内部は吹抜を用いて外観同様におおらかさとゆとりを持続。
家と庭の関係性をより強調させた住まいです。

【今回のイベントのポイント】
 - 角地に建つおおらかな平屋のような2階建て
 - 玄関横付けカーポート
 - 吹抜リビングの造作ソファでゴーロゴロ


クービック予約システムから予約する

今回から予約システムを導入いたしました。
予定がお決まりの場合はポチッとご協力頂けますと幸いです。
飛び入りのご参加でも構いませんが、混雑時は応対が困難になる場合がございます。
予めご了承くださいませ。





住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp

[PR]
by lives-web | 2018-03-08 19:44 | イベント

凹(上下反転)の家

凹(上下反転)の家
d0122640_20461448.jpg
3月の新作出来ました。
凹は「へこみ」と読みますが、気分がヘコむと同意になってしまうので、反転させてその逆の「喜び」と読んでやってください。
敷地調査の時から既に"コの字形"プランでいこうと確定しておき、そこから辻褄を合わせるかのようにプランを描いていきました。
結果としてそれは最良だったのではないかなと思っております。
前川國男自邸からインスピレーションを受けて設計を進めておりますが、出来上がったカタチは似ても似つかないかも知れませんが...デザインとはそういうものだと思います。
パクリとオマージュとインスピレーション、それぞれを掛け合わせる力がセンスなのでしょう。
クライアント様にも「想像の500倍」喜んで頂けたようで安堵(笑)



d0122640_19595059.jpg
残念ながらこの正面は既存住宅によって見えない
開くのは右手前
d0122640_19594017.jpg
東道路には街路樹の桜があり、それに向けてインナーバルコニーがある
d0122640_19595907.jpg
決め手はこのデッキ
リビングのコーナー窓と和室をつなぐ
離れを意識した空間を狙う

竣工は11月頃でしょうか。
お楽しみに♪

d0122640_20460985.jpg








住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp

[PR]
by lives-web | 2018-03-07 21:18 | 凹(上下反転)の家

続|沖縄建築ツアー

前回に続き沖縄ツアーを。

2日目は伊是名島(いぜなじま)にある「銘苅家(めかるけ)」を目指します。
ここは伊礼さんや中村好文さんも絶賛する名家。

d0122640_17421939.jpg
フェリーに揺られる(揺られすぎる!!)こと1時間
d0122640_17420446.jpg
一足早い桜の開花
d0122640_17392555.jpg
「銘苅家」
低いプロポーションがなんとも愛らしくおしとやか
d0122640_17391504.jpg
低い雨端(あまはじ)が落ち着く
d0122640_17413827.jpg
みんな思い思いに居場所を探す
d0122640_17401425.jpg
棟の繋ぎ方が沖縄の特徴のひとつだと思う
d0122640_17403783.jpg
水は当時貴重だったそう
谷の納まりが面白い
d0122640_17395007.jpg
沖縄の路地
d0122640_17393988.jpg
田園から民家を望む


お次は「名護市庁舎」へ
当時は省エネルギーを目指して建築された名建築
d0122640_17390509.jpg
存在感がもはや古代遺跡
d0122640_17374946.jpg
これでもまだ築40年あまり(笑)
d0122640_17374127.jpg
自然と共存
もはやジブリ!!
d0122640_17383267.jpg
赤と無着色のコントラスト
当時の赤色がどれほどなのか知りたくなる
この経過もまた美しいのだけれど


お次は「中村家」
こちらは銘苅家と違ってこちらの住宅の方が構えは立派。
しかし"ドヤ感"が...笑
d0122640_17372568.jpg
石積みの塀が敷地を囲む
ヒンプンを目の前にして右手に客人、左手に女中へ動線を分ける
d0122640_17365379.jpg
敷地の活用が抜かりなく良い
d0122640_17362982.jpg
沖縄の抜け感がとにかく好き
d0122640_17361364.jpg
1,900程度しかなかった食事の間
しかしその低さがまた良いのだ
d0122640_17352064.jpg
通り土間
d0122640_17350104.jpg
連続した屋根
これでも1棟分
集落にも見えるから面白い
d0122640_17342511.jpg
台所
d0122640_17341018.jpg
井戸
d0122640_17334419.jpg
客人側
奥行きを感じられる塀の在り方が良い

3日目
美ら海水族館を予定したのだけれど、せっかくの建築ツアーという事で急遽変更。
まずは「おきなわ郷土村」へ。
どんだけ住宅を見るんだ!!って言う(笑)
d0122640_17175845.jpg
この年代の住宅はどれも間取りはほぼ同じだという
d0122640_17170631.jpg
昔の沖縄の家

メインである「ムーンビーチ」へ。
タイミング良く設計施工を担当した「国場幸房+国建展 - 株式会社国建」の展示会も行われていました。

d0122640_17154437.jpg
こんな模型作るほどの設計依頼はいつか来るかしら
d0122640_17153875.jpg
当時の様子
CADなどない時代
d0122640_17152961.jpg
あいにくの曇り空ではあるけれど、やはり沖縄の海はキレイ
d0122640_17461424.jpg
別日の夕陽を浴びるムーンビーチ
d0122640_17460419.jpg
夕焼け
d0122640_17453790.jpg
思わず見とれるほど
d0122640_17465263.jpg
沖縄の現代の住宅はRCが主

d0122640_17464233.jpg
沖縄の登り窯
d0122640_17470397.jpg
登り窯ですら沖縄
d0122640_17463718.jpg
余生を過ごすバス
d0122640_17150494.jpg
ガラス細工の工房を覗く
d0122640_17335582.jpg
d0122640_17414773.jpg


忙しい合間を縫って思い切って参加した沖縄建築ツアー。
けれどもいつかは触れてみたかった沖縄建築。
今回のツアーで学んだ事は生涯の設計において影響を与える事は間違いないでしょう。

「風土を読む」
本土とは気候が違う、けれど日本。
かつては朝鮮やアジア各国の異文化が混じり合い、そして時にはアメリカの植民地でもあった沖縄。
独特の変貌を遂げる沖縄から得るものは大きい。
見た目のデザインや納まりは正直現代の建築に生かせるパートは少ないように思うけれど、理由合ってのこのデザイン。
その"理由"を紐解くという行為自体が重要なのだと、学ばせて頂く良い機会であった。
そして更に同行したメンバーとの交流。
北は秋田、南は現地。
皆気候が違うメンバーが共にこの沖縄を通して交わり、自身の風土に持ち帰る。
後日互いの風土に触れ合おうと約束を交わし、これからの交流が始まるのがまた楽しみ。
この出会いもまた必然。

大きな変革のタイミングを頂いた沖縄ツアー。
旅はやはり楽しいですね!!
しばらくネタ集めのために旅がクセになりそう(笑)
スタッフには迷惑を掛けるけれども...






住所-栃木県宇都宮市上桑島1465-41
電話 028-689-9560
mail info@iida-arc.net/info@comodo-arc.jp









[PR]
by lives-web | 2018-03-01 20:49 | 旅の記録簿